土曜日, 10月 20, 2018
ホーム タグ イングランド

タグ: イングランド

16歳!尾崎君のイングランドサッカー選手留学

イングランドには現在夏休みで沢山の、選手、コーチが来英し自己研鑽の留学に来ている。その中で、若干16歳の尾崎君を紹介したい。1日の流れは、朝8時に最寄駅にいき、その後9時から12時まで英語の語学学校。当然ながら、英語を勉強する日本人以外の外国人も多々おり、いきなりアウェー感のある中での奮闘。不安も沢山あると思うので、語学学校までの行き方を紹介します。初日に最寄駅で集合!そのまま、チューブと呼ばれる地下鉄で移動!この駅は始発なので座れるのと同時に語学学校の最寄り駅まで一本なので簡単だ。無事に地下鉄に乗る。朝のラッシュに揉まれ無事ホルボーンに到着!駅を出て目の前にある語学学校。そこでテストを受け、クラスを振り分けられる。この日は、2人コーチライセンス取得コースに来ていたので、一緒にパチリ。午後はフットボールトレーニング。今日も午後からトレーニングで明日は試合です!若干16歳で、右も左も分からないイングランドの土地で頑張っています!一歩を踏み出す勇気と、保護者の方のサポートでこのような貴重な経験が出来ていることは本当に素晴らしいと思います。

ユーロプラス全体会議2018

ユーロプラス全世界のスタッフが日本に集まり2018-19シーズンへ向けての会議を行った。

イングランドはカード社会?

イングランドにフットボール留学する際は、数年前はほぼ全員が日本円を換金し来英しておりましたが、換金レートが悪いところで変えたりするとかなりのロスがあります。徐々に日本からのクレジットカードを持って来るようになりましたが、大抵の留学生がピンナンバーを日本では使わないためピンナンバーがわからず使えないということもありましたが、昨今大抵の日本人もピンナンバーを知っているため、ロンドンではほぼ全てのショップでカードを使えるため、現金はほぼ必要ありません。念のため今日は新しく到着した留学生と一緒に少しの現金を変えにマークスアンドスペンサーという店にある比較的換金レートの良いところに来ました!ついでに、SIMフリーの携帯も日本人は持っているようになったのでSIMカードをゲット!これで万端です!これから11ヶ月いい留学になりますように!

【イングランド】森岡亮太の移籍について

前回、イングランド担当の宮原がアンデルレヒトへ向かった理由は、他でもない、森岡亮太の件である。メディアも入れない、契約の現場でおこったリアルを伝えてもらった。

【イングランド】イングランドのフットボール文化

イングランドのフットボール文化とは? テレビ、新聞、フリーペーパーからサッカー三昧の私生活。 そこは、プレミアリーグだけではなく、下部リーグにもスポットライトがあてられる。 そこが、サッカー発祥の国、イングランドである。

イングランドの提携クラブチーム

イングランドでは下記のチームと協力しています。どのチームに希望があるかをお問い合わせ、相談時にお伝えください。イングランドサッカーリーグは、20クラブからなるプレミアリーグと72クラブからなるフットボールリーグよりなっており、フットボールリーグはそれぞれ24クラブからなる2部に相当するフットボールリーグ・チャンピオンシップ、3部に相当するフットボールリーグ1、4部に相当するフットボールリーグ2の3つのディビジョンに分かれています。 フットボールリーグの下には、プロ・アマ混成のフットボールカンファレンスが存在しています。The FAの呼称のとおり、イングランドサッカー協会は1863年に創立された世界最古のサッカー協会で英語正式名称には国名がついていません。 英国にはほかにスコットランド、ウェールズ、北アイルランドにそれぞれサッカー協会が存在します。プレミアリーグは、サッカー競技のみならず、全世界のスポーツリーグの中でもっとも視聴者が多く、人気が高いと言われます。 攻守の切り替えが早く、もっともスピーディにゴールまでボールを進めるサッカースタイルはリーグの特徴で、観る人を魅了します。 また、チームを支える監督・コーチ・マネジメントサイドの育成などにも定評があり、FAの公式資格はヨーロッパ全土でも公認の資格として日本でも注目を集めています。 ロンドンFAイングランドサッカー協会(ロンドン FA)ユーロプラスインターナショナルはイングランドサッカー協会(FA)のコーチングライセンス事業において、イングランドサッカー協会傘下のロンドンサッカー協会(LFA)とオフィシャルパートナーとして提携しております。ホームページ http://www.londonfa.com/ サッカー留学 クラブチーム紹介 チャールトン / Charlton Athletic F.C. サウザン・ディヴィジョン(2部相当)イングランド、ロンドン、グリニッジ・ロンドン特別区内、チャールトンを本拠地とするサッカークラブチーム。都市 チャールトン(ロンドン) スタジアム Princes Park 収容人数 4,100人 ホームページ http://www.cafc.co.uk/ ヘンドン / Hendon F.C. ライマンプレミアリーグ(7部)ロンドン北部を拠点とする7部のセミプロチーム。Wealdstoneと同じリーグに所属する。 ロンドン北部ヘンドンを拠点とする、1908年創立の老舗チーム。7部より上はカンファレンスリーグ、6・5部とあり、その上はプロリーグになっている。都市 ロンドン ホームページ http://www.hendonfc.net/ ホーシャム / Horsham F.C. フットボールリーグ・リーグ2(4部)都市 ホーシャム ホームページ http://www.hornetsreview.co.uk/ ウィルドストーン...

イングランドの現地コーディネーター

宮原 継享 プロフィール 2003年に大学卒業後渡英 大学時代には、総理大臣杯3位を経験。 2000年には中国四国代表に選ばれ、デンソーカップに出場。 2004年ロンドン大学大学院バークベック校に入学し、プレミアリーグを初めとするヨーロッパのフットボールクラブの経営について学ぶ。 2006年ISA就職 FA Level 2を取得し、現在UEFA'Bに向けて現在に至る

【イングランド】短期サッカー留学

短期(1〜3ヶ月)でのサッカー留学は、海外の魅力や生活を経験するのに最適(ビザの取得は不要)

【イングランド】長期サッカー留学

長期(4〜6ヶ月)でのサッカー留学は、集中して実力をアップさせるのに最適(短期留学ビザ取得)

【イングランド】語学留学 + サッカー留学

7ヶ月以上でのサッカー留学は、サッカーの技術だけではなくその国の語学の習得も(長期滞在ビザ取得)

【イングランド】FAライセンス(レベル1)

イングランドサッカー協会(FA)のコーチングライセンス Level1の取得を目指すコース(16歳より受講が可能)

【イングランド】FAライセンス(レベル2)

イングランドサッカー協会(FA)のコーチングライセンス Level1を取得後、受講が可能となるLevel2のコース

オススメの記事

人気の記事