U-18という高校生年代はプロ選手になるための最終段階といえます。
世界のトッププレイヤーはこの年代で、すでにプロ選手として活躍しています。これまでの自分のプレースタイルを確立するために、今まで身に付けてきた『戦術、技術、体力、マインド』をトータルで伸ばし、厳しい試合をこなすことによって、勝負勘やゲームの流れなどを学び、自分の特徴をゲームで発揮できなければなりません。
この年代にサッカー留学し、海外クラブへ練習参加し、オファーをもらい、契約に至った留学生も数多く存在します。

高校の休みの期間を利用して短期留学

夏休み・春休みの期間を利用し、現在所属するクラブやチーム内でのレベルアップを目指したり、卒業後の長期留学に向けての実力試しのために留学される方も多くいらっしゃいます。

高校卒業後に長期留学をお考えの方へ

ヨーロッパのクラブチームの練習開始は、国やカテゴリにもよりますが、早くて7月からスタートします。
長期留学推薦制度を利用すれば留学費が一部減免になる制度も実施しておりますので、詳しくは事務局までお問合せください。

通常プログラム

プラクティスコース短期(2週間~3か月)

最短2週間~のプログラムとなります。
春休みや夏休みの期間を利用して渡航することが可能です。また、休学制度を取れる高校においては、現地語学学校に通いながらサッカー留学することも可能です。

プラクティスコース長期(4か月~6か月)

シーズン途中から終了までの期間、渡航するプログラムとなります。
国やカテゴリ、渡航時期によりますが、実力があれば冬の移籍シーズンでの契約も可能です。

シーズンコース(7か月~)

高校卒業後、各国リーグの1シーズンに合わせて渡航するプログラムとなります。
ビザ申請を行い、語学を学びながら現地での契約を目指します。

渡航国

スペイン
ドイツ
イタリア
イングランド