タイリーグクラブとのトライアウトマッチを開催

1441

アジアトライアウトが始まり約2週間が経過し、選手達はクラブへの練習参加、トライアウトを通じてアジアでのプロキャリアをスタートすべくチャレンジを続けています。

タイの気候や環境、タイのサッカーに慣れるため、そして何より相手クラブへのアピールを行うためにこれまでにタイリーグのプロクラブとのトライアウトマッチを重ねて来ました。

【対戦相手】

ノースバンコク大学FC(タイリーグ3)
カセムバンディット大学FC(タイリーグ3)
アサンプション・ユナイテッド(タイリーグ2)

このトライアウトマッチはコンディション向上という狙いはもちろんあるものの、相手クラブへのアピールという意味でも非常に重要な位置付けで、この試合を通してオファーをもらったり、練習参加の要請をもらうこともあり、重要なアピールの場となっています。

今回、3試合を行い結果としては勝利できず、結果は出ませんでしたが、選手達のコンディションは確実に上がり、練習参加、トライアウトに向けて良い準備をすることができました。

現在選手達は各々がクラブへの練習参加でアピールをしています。この中から1人でも多くの選手がプロとしてのスタートを切れるよう、チャレンジしています。

前の記事【イングランド】南野拓実のリバプール移籍、英国労働ビザはクリア!?
次の記事【東京オフィス】あなたの街でサッカー業界の最新情報が手に入るチャンス「弊社代表 現役エージェントが説明会を行います」