モンテネグロトライアル 終盤戦

1396

モンテネグロトライアルも終盤戦にさしかかりました。

当然のことながら外国人=助っ人

とみなされるので、相当なプレーでの違い 差をみせないといけません。

初めて海外に来た選手には理解するのに相当な時間がかかります。

一度でも海外留学に来ていた選手との違いは (メンタル 心の余裕)があるということです。

状況への対応能力です。それが全て グランドへの結果へと繋がります。

どれだけ 経験が大事だと痛感したトライアルになりました。

日本とは違った環境 困る環境 自分をアピールし表現できるか。

異国で生きていくには、その国にいかに対応していけるか?地域に根づけるか?

言葉の問題 文化の問題 それも含めて 違うことにチャンレンジするとストレスがかかるがそれも含めて楽しめ オープンマインドでコミュニケーションを取れるか?

サッカーの技術やその人が持っている才能を開花させるには そこに立ち向かう(人間力)が必要になる。

毎日継続するには相当な忍耐が必要になる。

ただ強烈な目標を持っている人 選手にはその努力をも全力で楽しめる。

今回の7人の選手 契約する者日本に帰る者この大きな経験を自分の糧に 今後の人生を歩んで欲しい。

ここからが人生の勝負!! やりたいことをとことん貫け!!

前の記事スペイン 安室楓馬選手
次の記事イングランドフットボール留学 ラッシュ編