「ドイツ」激戦!日本人対決、TSG Bretzenheim vs VfB Bodenheim

119

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や

将来の目標に合わせて最適なサッカー留学・トライアウトプログラムをご提案しています。

今回はLandesliga Ostの第23節、TSG Bretzenheim対VfB Bodenheimの試合の様子を紹介していきます。

現在TSG Bretzenheimには山田選手、VfB Bodenheimには菅原選手と西山選手が所属しています。

西山選手はチームの事情もあり出場とはなりませんでしたが、菅原選手、山田選手はスタメンで出場していました。

Bretzenheimは現在4位、Bodenheimは13位となっています。昇格争いに食い込みたいBretzenheimにとって勝ち点3が欲しい試合。

試合はパスを繋いで攻めるBretzenheimと、ショートカウンターを狙うBodenheim。

山田選手がボランチ、トップ下のエリアでボールを受けゲームを組み立てます。

Bretzenheimが優位にゲームを進めているものの、カウンターから菅原選手が抜け出し何回もチャンスを作ります。

後半になり菅原選手は左サイドからフォワードへとポジションが変わります。

そして間もなく49分、エリア内に侵入して行ったBodenheimの選手のクロスがディフェンダーの手に当たりPKの判定。

これをしっかり決めBodenheimが先制。

そこからBretzenheimはさらにパスを回しながら攻め続け、70分に右サイドの選手がカットインからのミドルシュートを決め同点に追いつきます。

このまま勢いにのるBretzenheimでしたが、Bodenheimも菅原選手のカウンターからの速攻でチャンスを作り、82分についに決勝ゴールを決めます。

その後最後までBretzenheimが攻め続けてましたが、そのまま試合終了。

下位にいるBodenheimが4位のBretzenheimに勝利しました。

ボールを支配していても、結局はゴールを多くとったチームが勝つ。

サッカーはシンプルで、ドイツでは試合に勝つために直結するプレーを求められます。

毎週末、勝利を求め激しく戦う試合を経験できるのがドイツでサッカー留学する醍醐味。

これからも選手達の活躍に期待していきたいです。

【海外へのサッカー/フットサル留学やプロを本気で目指している選手はコチラ】

http://europlus.jp/soccer/