【イングランド】1ヶ月コーチ留学をしたラマティパルサコーチを取材!

308

FAレベル1を取得しに渡英されたラマティパルサコーチにロンドンで経験した体験談をお聞きしてみました。

イングランド、ロンドンでの生活はどうでしたか?

ラマティパルサコーチ: 「イングランドに来て慣れない中での生活でしたがすぐに馴染めて、充実した生活だったと思います。シャワーをあまり浴びないという文化にだけは最後まで慣れなかったです。。。笑」

記者:「すぐに馴染めたのは良かったですね!他国に来ると知らない事だらけですが、そもそも渡英することを決めたラマティパルサコーチはちゃんと決断してメトロポリタンであるロンドンに来られているので今後はどこにでも住めると思います!」

語学学校はどうでしたか?

ラマティパルサコーチ: 「語学学校はいろいろな国からあまり英語ができない人が集まっていてそれぞれ英語で伝えようと頑張っていて自分も感化されました。先生も優しく1から教えてくれました。」

記者:「日本では味わえない経験ですね!これをキッカケに英語を日本で帰っても継続していくのが大事だと思います!」

思い出に残った事はありますか?

ラマティパルサコーチ: 「友達とロンドンやパリを旅行できたのは素晴らしいと思いました。気軽にフランスにも行けて良い経験になりました。サッカー観戦は全てアーセナルの試合だったんですけど、日本のプロサッカーとはレベルが全く違ってフィジカル、パス、正確さが全て勝っているように感じました。食べ物は、世界一不味いって言われてる割にはそこまで不味くはなかったです。ただちょっと味が薄いって感じました。」

記者:「確かにパリは電車一本で行けるので簡単ですね!サッカー観戦もされて充実した1ヶ月でしたね!食べ物について薄いと聞いたのは正直初めてですが、料理が上手いとは言えないですよね。。。笑」

サッカー面ではどうでしたか?

ラマティパルサコーチ: 「フットボールサムライアカデミーでコーチするのは日本でコーチしているのが英語バージョンになった感じで、日本人も半分いて英語で伝えれなかったら英語も喋れる日本人のプレイヤーに聞きながらなんとか指導はできました。言語の壁が1番辛かったって言うのが正直な感想です。プレイヤーとしてやったときはみんなフレンドリーで暖かく迎えてくれました。フィジカル、パススピード、気持ち、全てにおいて日本でプレイしてたときとは違ってレベルが上でした。特にフィジカル面で絶対に負けないって気持ちを持っているように感じました。サムライでコーチもプレイもできるところが1番自分の財産になったかなと思います。」

記者:「英語でのコミュニケーションはとても重要な事ですよね。コーチをされている際も上手く他の選手とコミュニケーションを取っていた様で英語を上達する重要性が感じられたのではないかと思います!」

FAレベル1のコースはどうでしたか?

ラマティパルサコーチ:「FA licenseを現地で取得しに来たんですけど案外いろんな国の人がいてとてもグローバルだと感じました。なかなか英語で伝えるのは難しかったですけどBody languageでなんとか伝えれたのは自分のためになったかなと思います。」

記者:「やはり世界からイングランドFAのコーチングライセンスを取りに来られるのでコーチングライセンスを取得するには他国ではなくイングランドで取ることがどれだけ重要なのかがご理解頂けたと思います!FA Level1の後はLevel2があるのでお時間ある際はまたロンドンにお越しください!本日はどうもありがとうございました!」

今回はラマティパルサコーチを取材させて頂きましたが、日本では体験できない何かが他国にいることで実感でき、英語の重要性やイングランドでプレミアリーグの試合を感染する事でなぜイングランドFAでライセンスを取得することが重要なのかがお分かりになられたと思います。

イングランド留学をお考えであれば是非お越しください!!!

ラマティパルサコーチのロンドンでの思い出写真はこちら!