横山杯U17選抜スペイン5日目

314

夜の決勝戦を前に、GETAFE.CFトップチームの練習見学へ!

10番を背負い活躍する柴崎岳選手も快く写真に応じてくれました。

今後のスペイン&日本代表での活躍を応援しましょう!

Madrid Youth Cup 2018

決勝戦

vs ED MORATALAZ

●0-1

得点者 なし

楽しむ=勝利

泣いても笑ってもこのチームで試合をするのは最後の試合。

球際、切替、運動量、会話、準備。

このチームの5大原則を忘れずに戦い、楽しむ。

結果、栄冠を手繰り寄せることはできなかった。

選手は皆、最後まで戦った。

物怖じせず戦えていたことは事実。

ただ、あと少し足りなかった。

悔しかった者もいる。でもそれは皆同じ。

失点のシーンも、振り替えれば『会話と準備』が足りなかった。

対戦相手も日本のチームを除けば、国内ではライバルチームであり、そのチームを倒して勝ち上がって来たチームに負けられない。

意地とプライド、負けられないという情熱の差、だったかもしれない。

切替が大切。

遠征での試合はこれにて終了となるが、

スペインの地で波多監督から伝えられ続けた基準を

チームでも継続できるか。

チームに合わせるのか、それともスペインの地で体感した世界基準と戦うために今回のテーマを継続できるか。

あとは、自分次第。

遠征の最初にあった波多監督からのメッセージ。

●不可能を可能にする

●自分の常識の壁を壊す

●選手としてワンランク成長する

人生においては、ほんのわずかな時間だったけど、

この経験を活かし、是非成長し続けてほしい。

常に感謝の気持ちを忘れずに。