スペイン バルセロナ所属のセルヒオ・アグエロ 現役引退

286

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適なサッカー留学・トライアウトプログラムをご提案しています。

今回はスペインのバルセロナに所属していたセルヒオ・アグエロ選手が現役引退について書こうと思います!

現在33歳のアグエロは今年7月にバルセロナに加わり負傷で出遅れながらも10月に新天地デビューを果たした。しかし10月30日に行われたラ・リーガ第12節のアラベス戦に先発出場した際、胸の違和感を訴えてピッチに倒れ込み、自分の足で歩いていたものの、交代でピッチを後にした。

バルセロナは病院で不整脈と診断されたことを発表。3カ月のプログラムを経て復帰すると発表していた。しかし同選手は15日に会見を開き、現役引退を発表。医師から「フットボールをやめることが最良」と告げられたこともあり、「難しい瞬間だが自分の健康のためだ」として「フットボールをやめることにした」と苦渋の決断を下したと伝えた。

バルセロナでは公式戦5試合に出場し1得点をマークした。

スペインでも大きな話題になり、自分もこの記事を見た時はとてもビックリしました。

留学生達もいつ何が起こか分からないと思って、日々の練習に取り組んでスペインでの留学生活を充実させて欲しいですね!

前の記事【キミの進路は正しいか?】プロを目指す高校生が知るべき秘密とは?
次の記事「ドイツ」ドイツサッカー半シーズンを振り返って 稲本光彪