【スペイン】海外でサッカーをするなら言語も重要 〜言葉の壁〜

110

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!私たちは、その選手の能力や

将来の目標に合わせて最適なサッカー留学・トライアウトプログラムをご提案しています。

今週は語学学校を紹介します。

毎日留学生は語学学校に通い、サッカーでも重要なコミュニケーションをより早く取れるためにスペイン語を学んでいます。

クラスは少人数制のため、レベルに合ったクラスで授業を受けています。

毎日単語、文法、コミュニケーションを繰り返し行い、スペイン語取得を目指します。

語学がなくてもサッカーできると思ってる人もいるかと思いますが、スペインは戦術を重視する国です。

細かい戦術がたくさんある中で、言葉が通じず監督の要求になかなか応えることができない選手は使われません。

せっかくいい選手なのに試合で使ってもらえない。それは戦術理解度が低いとみなされているからです。

でもその戦術を理解するには監督の言ってる事、要求をスムーズにピッチで表現しなければなりません。

そのためにスペイン語というのはとても大切です。

サッカーだけではなく、セカンドキャリアにも言葉は重要です。

サッカーのプロもだいたい35歳程度で引退もしくは、引退を考えます。

しかし、残りの人生も平均寿命から言っても半分以上残っています。プロでいられる時間よりセカンドキャリアの方が長いということです。

そのセカンドキャリアで言葉が話せる人とそうでない人では幅が変わってきます。世界を相手にすることができます。

そのためにもスペイン語を軽視するのではなく、サッカーと同じように向き合って行ってもらいたいです。

【海外へのサッカー/フットサル留学やプロを本気で目指している選手はコチラ:

欧州でのサッカー留学