【ドイツ】憧れのドイツでサッカーや学問、文化、様々なものに触れ、経験値を積み上げる。

538

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適な留学、トライアウトプロジェクトをご提案しています。

今回はTSG Hechtsheimに所属する石川将也選手を紹介したいと思います。

昔からドイツサッカーのファンだった石川選手はドイツでチャレンジしてみたいという気持ちと、過去に渡独経験があり、街や人の雰囲気に対して好印象があったことからも、留学するならヨーロッパの中でもドイツしか考えていなかったそう。小さい頃から海外で、特にドイツでサッカーをやることに対して憧れを抱いていたという石川選手は、どのような思いを持って今夏からドイツに挑戦しているのでしょうか?

競技サッカーから離れた過去

幼稚園からサッカーを始めた石川選手は中学校に上がる際にはセレクションを受けて横浜のYSCCジュニアユースに合格します。しかし、クラブチームは退団して地元の中学校の部活でサッカーをしていましたが、レベル感やサッカーの違いに戸惑ってしまったこともありサッカーが嫌いになり離れてしまったそうです。高校時代は部活にもクラブチームにも所属はせずにスクール活動を展開しているところでサッカーを続けていました。ただ、上のレベルでサッカーを続けていく・挑戦していく仲間たちを見て石川選手自身ももう一度サッカーに向き合っていこうという気持ちになっていきました。

海外留学を見据えて専門学校でスポーツについて学ぶ

高校卒業後はすぐに海外挑戦を…と考えていましたが、例のウィルスが世界中に蔓延してしまった影響で渡航は断念。いつまた海外へ行くことができるのかも不透明な中ブラブラしているわけにもいかないという事で、海外へとサッカー挑戦する際に役に立つ可能性があると考え、スポーツの専門学校へと進学。そこではスポーツ医学や運動生理学をはじめ、運動と身体影響への関連を深く学ぶことができ、トレーナーとして海外で活動する可能性も見据えてJATI(日本トレーニング指導者協会)公認の指導者資格やピラティス、ストレッチ系の資格等も取得しました。

いよいよドイツへ挑戦

ようやく今夏、憧れのドイツサッカーへの挑戦が始まった石川選手。「プレーを通して日本とドイツのサッカーの違い・サッカースタイルの違いを肌で感じ、その中で自分がどのくらいできるのか試してみたい」と話してくれました。CBを中心に、最近はボランチのポジションでもプレーし、下部リーグでもレベルは高く非常にやりがいがあると感じてくれています。また、チームメイトも皆とてもフレンドリーで、いい関係を築けているそうです。

更には所属するTSG Hechtsheimからは「チームの育成年代を(指導者として)見てみないか?」と声を掛けられていて、指導者としての活動も前向きに検討しているとのこと。石川選手自身も「ドイツの育成は優れているし、アンダー世代の強さも目立っている。育成年代の日本とドイツの違いを体感することに対しても興味がある」と話し、「そのタイミングでチームから『教えて見ない?』と言ってもらえた。そういった話を頂いたから、ちょっと機会があれば(コーチとしてトレーニングに)行ってみて、学べたらいいなと思う」と意欲を見せてくれています。

ドイツの大学進学も視野に

もちろんサッカーで出来るだけ上のレベルでプレーするのが1番の目的ではありますが、今までのドイツでの生活を通して『ドイツの大学で学ぶこと』に対しても魅力を感じてきているそうです。ドイツの大学で学問に触れること、ドイツの大学に通う人たちはどのような感性を持っているのかという点も含めて大学に通ってみたいとのこと。

特に興味がある分野が『宇宙科学』だそうで、本人曰くドイツはこの分野も強いと。まだどの分野・何学部で学ぶのかなどは明確に定まってはいないが、日本ではできないことを学び・経験していきたいそうです。

この文章を書いている私自身もドイツの大学に通っていましたが(一応現在も在籍中)、日本の大学と比較してドイツの大学はより実践的な授業形態が多いので、授業内容以外の面でも多くの学びと経験が得られると思います。石川選手にも是非そこで多くのことを吸収してもらえたらと思っています。

文化への興味も

オフシーズンにはドイツ国内の様々な場所を訪れたいと話す石川選手は、南ドイツと北ドイツの文化の違いにも関心があり、多くのものを見て知見を広げたいそうです。こういった経験は現地に実際に居ないと経験できないことでもあるので、サッカーはもちろんですが、サッカーのみならず色々なことに対する勉強や経験値の積み上げを目的に短期でも来た方がいいと語ってくれました。

他のユーロプラス留学生と。
他のユーロプラス留学生と。

渡独して4ヶ月ですが、先を見据えた様々な事を経験している彼は「今が人生の中でもすごく充実している期間」と語ってくれています。

今後も多くのことに積極的に取り組んでいくであろうポジティブな石川選手を、我々もしっかりとサポートしていきたいと思います!

前の記事【ドイツ】ドイツサッカー アマチュアリーグ(5部、6部)のチーム数
次の記事【冬休み/国内】通い型GKキャンプ(小学生・中学生対象)