【イングランド】どうしてサッカーは雨でも中止にならないのか?

51

そろそろ1年も終わりに近づき、台風も多くなるシーズンに突入です。日本では既に大きな台風が突撃し相当な被害を受けました。

イングランドでも雨や風が強い事で有名でサッカーに影響を与えますが、クリケットやテニス等ボールを使う同じ屋外スポーツでも中止にならないスポーツです。

なぜ、サッカーは雨でも中止にならないのでしょうか、本日はその理由に迫ります。

「雨天で中止」とならない屋外スポーツは、サッカー、ラグビーといったスポーツが挙げられます。
なぜボールを使用しているにも関わらず中止にならないのか。。。

その主な理由は「ボールのサイズ」になります。サッカーの様にボールを利用するスポーツはボールが大きいので、多少の悪天候でもボールを認識することができます。

しかしながら、クリケットやテニスの様に小さいボールの競技は、悪天候時にボールを認識するのが難しくボールの硬さも相当あるので、万が一悪天候時に目測を誤ってボールが体に当たったら危険です。

よって、天候によって競技を実行するかどうかは、天気が悪くてもそのスポーツができるかどうかが判断され、それが大きなポイントになってくるという事です。

また、サッカーには「雨天の場合、中止」といったルールは明文化されておらず、ある情報によるとサッカーをプレーするグラウンドがその大きな理由と言われております。

サッカーは芝生でプレーするスポーツのためクリケットやテニスの様にピッチが芝生の部分や土の部分という場所が無く激しい雨の場合でも水溜りも出来にくく、プレーできますよね。

ご周知のとおり、サッカー発祥はイングランドで、イングランドといえば雨が多く、晴れる日が少ないと言われております。

そんな中でもプレーに支障を持たせない高いレベルのサッカーを繰り広げる選手達はとても凄いことだと思います。

この様な高いレベルで悪天候に負けずイングランドでサッカーをしている環境で留学する事はプレーするレベルを上げる為だけじゃなく忍耐も鍛えられる環境に自信を入れ込む事は将来重要かもしれませんね。