ユベントスサマーキャンプ2022〜帰国〜

103

チャオ!ユベントスサマーキャンプ2022ついに帰国の日となりました。

なぜか今日はみんな朝しっかり起きていました。さらに昨日夜にきちんと荷物も整理していて、朝はゆっくり朝食を取れました。

昨夜の全体でのセレモニーもありましたが、朝食時に飛行機の時間の関係で先に出発する私達を、全員が見送ってくれました。気持ちをストレートに表現できるのは、日本人には少し苦手なことかもしれません。

でも1週間遠いイタリアの地で、様々な文化を知り、かけがえのない仲間と出会い、ボールひとつで繋がってきた選手たち。初日から大きな成長がありました。

向こうから来てくれるのを受け入れるだけでなく、仲良くしてくれた仲間や、可愛がってくれた先輩選手達に、自分から握手やハイタッチ、ハグと自分から伝えにいく姿をみて、成長を感じました。


イタリア語を覚え、日本語を教えてあげて、お互いに知っているものを共有して、たくさんの時間を共有してきました。これはコーチ達や大人が教える、そういうものではなく、自分自身でこの環境に飛び込んで、自ら得た掛け替えのない経験となったはずです。


みんなに見送られ、セストリエーレからマルペンサ空港に移動して、フライトまで残り僅かなイタリアでの時間で、買い物を。


あとは日本に帰るだけ。もう明日には日本に着き、普段の生活に戻ります。
大事なことは、この経験を自分の物にできるかどうかです。

ただ楽しかった思い出として大事に持っていくことも大事ですが、イタリアで感じたこと、あたりまえになったことをどれだけ継続できるかです。これからも続けていかないと習慣にはならず、変化にはなりません。

過去に、弊社の海外キャンプ参加者からJ下部組織入団や世代別代表や欧州リーグ、Jリーグの舞台でプレーする選手も出てきました。彼らも小学生、中学生の時に海外を経験したことが、大きな影響を与えています。

ユベントスの一員としてたくさんの経験できたこと、キャンプに送り出してくれたお父さん・お母さんへの感謝を忘れずにこれからもサッカーを続けていってほしいと思います。また大きくなってみんなと再会できることを願っています。

FORZA JUVE!FORZA RAGAZZI!

〜保護者の皆様〜

現在ほぼ予定通りの時間でドバイに到着しております。成田空港へのフライトも定刻での出発予定です。成田空港お迎えの親御さまは、フライトスケジュール変更等の可能性もございますので最新情報をネットでご確認ください。

なお当日帰宅する遠方の選手たちの送迎や出口混雑の関係で到着出口で、簡単に挨拶をして、流れ解散となります。成田空港お迎えの親御さまは、お子様と合流し解散していただければと思います。

前の記事ブッフォンGKサマーキャンプ2022〜帰国〜
次の記事「ドイツ」ブンデスリーガ2部開幕!日本代表の田中碧選手が開幕節MOMに選出!