南イタリアで闘う選手たち

568

南イタリアとは

内山選手 プーリア・トラー二所属(セリエB)南の人はまず、ホスピタリティがあり、気持ちを大切にしている。本気で接すれば、本気で返してくれる!中途ハンパな奴には向かないシビアな土地です!

土屋選手 クス・バーリ所属(セリエC2)

貧困なイメージの南イタリアだが、こんな施設もあります。しかし、クス・バーリは大学の施設を利用しており、ヨットの停泊場に隣接してます。海を見ながらリラックスもできます。

御岳選手 ペッレグリーノC5(セリエC1)

中世の街が広がっており、歴史が詰まってます。サッカーだけではなく、文化人になれます。

花木選手 ノーチC5(セリエC2)

これだけの選手がシビアな環境で戦ってます。

彼らも苦しい想いもすれば、良い想いもたくさんしています。そうして、強くなって言ってます。

イタリアオフィス林

#イタリアサッカー #サッカー留学 #フットサルセリエ #ユーロプラス #イタリアエージェント #イタリアサッカー留学 #セリエ #海外フットサル #カルチョ #カルチョアチンクエ #ユベントス #南イタリア #ハングリー

#europlus #soccerlife #football #footballcasuals #dreamer #italy #calcio #seriea #instalike #futsal⚽ #japanese