「ドイツ」2020年の振り返り〜稲村龍介〜

81

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適な留学、トライアウトプロジェクトをご提案しています。

新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年は多くの方々にとって、非常に大変な1年となりました。今年もまだまだ大変な状況が続きますが、一致団結して乗り越えていきましょう!

今回は、稲村龍介選手に2020年を振り返ってもらいました!!

(2020年を振り返ってどうでしたか?)

昨年は、非常に難しい1年になりましたが、そんな中でも成長した部分もあったと感じています。それは忍耐力です。例年とは違うイレギュラーな形でリーグ戦を戦うのは少し難しかったのですが、その中で最高のパフォーマンスをしようと我慢しなければいけない中でも生活にはこだわっていました。

また、サッカーをしている時間以外での我慢の時間が多かったので、忍耐力が身に付いたと感じます。

(コロナ渦の中ではどのように過ごしていたか)

今年はコロナの影響もあり、サッカーをやっている期間より自分でのトレーニングの時間の方が長かったです。
その中でチームからはランや筋トレのトレーニングメニューが与えられ、それプラスアルファで空いた時間を使いトレーニングをしていました。
時間があるため食事の方もいいコンディションを保つために気を使っていました。

(今年はどんな1年にしたいか)

昨年の1年間の経験というものは人生で1番苦労しましたが、この経験はこれからのサッカー人生に必ず役立つと思っています。
どんな環境であれ常に最高のパフォーマンスを毎試合で出せるような1年にしたいです。

2021年もどうぞよろしくお願いします!!