「ドイツ」ユースブンデスリーガからの移籍!横田選手FC Carl Zeiss Jena契約!

641

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです。

私たちは、その選手の能力や

将来の目標に合わせて最適なサッカー留学、トライアウトプログラムをご提案しています。

今回は、フロンターレユース出身で昨シーズンはユースブンデスリーガでプレーした横田選手の移籍について紹介していきたいと思います。

2018~2019シーズンからドイツに渡りプレーしている彼は、練習参加を通じ高い評価を得て FVS Frankfurt と契約を果たしました。

FSV Frankfurtは、ユースのカテゴリーで国内トップリーグになり、ブンデスリーガとなります。多くのブンデスリーガのビッククラブのユースチームが所属しており、FC Bayern München, Mainz 05, VfB Stuttgart, SC Freiburg, TSG Hoffenheim などのチームと対戦してきました。

“サッカー観が全く違う。ゴールを奪う、守るという考え方が日本とは違う”

日本とドイツの違いについてこう語るかれは、試行錯誤しながらもコンスタントに試合に出て活躍しました。

ビッククラブとの対戦を経て、サッカー観や語学面などでドイツに順応していき、とても多くの経験値を集める事ができました。

“大きさ”

ユースブンデスリーガでプレーしたシーズンを振り返る際に彼が口にした言葉は、各クラブの規模や施設などの環境、また選手のフィジカル、そして各選手の試合にかける強い気持ちなどを表現するものでした。

“日本でいう足元などのうまさも日本人よりあった。そしてフィジカルや戦術などもしっかりしていた。特に VfB Stuttgart との試合では何もさせて貰えなかった。その時にマッチアップした選手は今FC Bayern Münchenのトップチームと契約し試合にも出ている。とても良い刺激になった”

そして今回、彼が前回同様に練習参加を通じて契約をしたのが FC Carl Zeiss Jena。トップチームはドイツ3部リーグ、3.Budesligaのプロチームのセカンド。

セカンドチームは5部リーグに所属しているものの、環境や取り組む姿勢などはプロ同様。

ドイツ5部リーグでは、ほとんどのチームがセミプロで、選手は日中仕事をしていたり学生がほとんど。そのため基本的に練習は夕方。

しかしこのチームは昼から練習があり、2部練をする事もあります。そして、一人一人のフィジカルメニューなども与えらています。

環境もとても良く、グランドは天然、人工芝合わせて10面以上もあります。そしてトップチームのホームスタジアムがあります。

選手証などの問題で前期シーズンは出場できる機会が減ってしまったものの、後期開幕に向けて現在練習そしてテストマッチでコンディションを上げてきています。

“試合にでて活躍し、トップチームに昇格する”

今後の目標をこう語る彼。プロフェッショナルな環境で日々向上している彼の強い意志を感じました。

今後も彼の活躍に期待していきたいと思います。