ドイツサマーキャンプ④

127

本日の午前中はユーロプラスインターナショナル所属の現地日本人選手が特別にガチンコで相手をしてくれました。

5人対9人のゲーム!

選手達はドイツで給料を稼いでいる本物。

ゼルビアユースやフロンターレユース、

聖和学園出身。

海外滞在して戦うのは並大抵の事ではない。

日本からの移動やら様々な刺激を受け、何かと団結力の目立つ9人。ドイツの選手達も「結構やるな」と呟き、苦笑いしながらプレイ。前半は余裕を見せていたものの、後半、少年達にリードされる。

サッカー選手は少年相手でも負けてはいけないのが海外サッカーの流儀。

そこはやはり海外組、最後はほぼほぼ本気でプレイして少年達を黙らせた。

「大人気なさ」

サッカー選手にとって

重要な要素です。

ランチ&休憩後は、

全員ヴォルムスの練習参加。

トップチームは5部、

歴史のあるクラブチーム。

欧州のアマチュアチームやセミプロチームの充実した環境や雰囲気、

サッカー通であろうと実際目の当たりにしてみないと分からない世界がある。

知らぬ者は「ふーん、5部でしょ?」

と、うつつを抜かす。

週の始めという事もあり、どのカテゴリーもアジリティや体幹を鍛えるメニューが多く、かなりハードなセッションを行なっていた。

ドイツ人が強くなる理由を体感した。

さあ、しっかり食べて休もう。

明日も鍛えるぞ。

Great Hard WorK Boys !!