日本ソサイチ選抜 -EAST- Day

50

11/27

バンコク市内、天気は快晴。


いよいよ本番、「THAI INTERNATIONAL CUP」当日を迎えた。

ホテルでの朝食の時間帯から選手達の集中力は高く、各々、大事な初戦をモノにするべき意欲を強く見せていた。

FIRST GAME:

「JPN SELECT -KANTO- vs North BANGKOK 」


前半 3-2

JPN 得点者: 吉田、奥田、中川

後半 5-0

JPN 得点者: 加瀬、斎藤x2、中川x2

合計: 8-2

後半頭、加瀬、斎藤が立て続けにゴールを奪い、激しい総力戦、全員で相手チームをねじ伏せた。

午前中の早い時間帯からの試合、抜け目なく準備を怠らなかったKANTOに軍配が上がった。

SECOND GAME:

「JPN SELECT -KANTO- vs SAMUTPRAKAN」


前半 0-2

後半 0-0

JPN 得点者:無し

合計: 0-2

一瞬のスキ、相手外人助っ人選手の一発、少ないチャンスを物にすべき決定力…

拮抗したゲームの厳しさを突きつけられた試合展開となり、無得点での敗北を喫した。

FINAL for 1st place:

「JPN SELECT-KANTO-vs JPN SELECT-KANSAI-」


前半 1-0

得点者: 野崎

後半 2-0

得点者: 中川、野崎

他力も影響しグループ1位が決まったKANTOチーム。チャンピオンチーム決定戦の相手は日本選抜-KANSAI-となり、日の丸を背負う互いのプライドをかけたファイナルとなった。

タイ遠征中、ピッチ内外とチームを一つにまとめ続けていたキャプテンの野崎、決勝に来て前半に1得点。前半終わりに10番中川がこぼれ球を冷静に押し込み貴重な追加点。ラスト残り5分に野崎が留めを刺し3-0。最後まで緊張感のある決勝戦が幕を閉じた。
短期間の遠征で選手達が得た経験は計り知れないだろう。

勝利、後の敗北で地獄へと突き落とされた後の勝利、優勝。

ソサイチ、蹴球、競技スポーツで味わう全ての醍醐味を異国で感じた選手達。


CONGRATULATIONS !!!
※死闘が繰り広げられた 「THAI INTERNATIONAL CUP」高画質フォトは近日公開:

http://www.jsl-selection.com/9-18