横山杯U17選抜スペイン3日目

690

Madrid Youth Cup 2018

第2試合目 vs Union Adarve

○1-0 勝利

得点者:49分 柘植(法政二)

スタメン

GK 鬼武(習志野)

DF 山田(前橋育英)、雨宮(韮崎)、開米(習志野)、西山(前橋育英)

MF 千葉(前橋育英)、名執(韮崎)、福岡(千葉明徳)、杉本(桐光学園)

FW 大和(韮崎)、柘植(法政二)

交替 西山→根本(市立船橋)、大和→鎌形(千葉明徳)、名執→本多(鹿島)

予選リーグ2試合目。

アダルベはアトレチコに0-2で敗戦していたものの、日本には負けられないと意気込む相手チームに、アトレチコ戦の良さ、課題をミーティングで明確にし、更に三原則を再度確認して試合に挑む。

前半、

なかなかボールがおさめられず、主導権が握れない中で、アダルベの力強さにバタつく。旨さよりも強さで勝る相手に対して、ボールがおさめられない。なにもできないまま、前半を終える。

アトレチコ戦で見せた集中力に欠き、球際で勝てない時間が続く。その中でも後半19分、守→攻の局面で、中央の千葉(前橋育英)から右サイドの開米(習志野)へ、中の動きを見ながらグランダーのアーリークロスに最後は柘植(法政二)が押し込み先制点をあげる。1点リードのまま試合を進めるものの、リズムは作れないまま、再三ピンチを招くも最後まで守り抜き、1-0で辛勝した。

これで、予選リーグ2勝目をあげ、4時間後の予選リーグ最終戦を迎える。全勝して決勝戦に駒を進められるよう、チームで戦おう!

Madrid Youth Cup 2018

第3試合目 vs AD ALCORCON

○4-1勝利

得点者:9分 雨宮(韮崎)、16分 西山(前橋育英)、

22分 福岡(千葉明徳)、51分 福岡

失点:23分

スタメン

GK 山下(桐光学園)

DF 茂垣(法政二)、雨宮(韮崎)、開米(習志野)、根本(市立船橋)

MF 西山(前橋育英)、本多(鹿島)、福岡(千葉明徳)、杉本(桐光学園)

FW 大和(韮崎)、櫻庭(習志野)

交替 大和→鎌形(千葉明徳)、杉本→名執(韮崎)、福岡→千葉(前橋育英)

雨宮→山田(前橋育英)、櫻庭→柘植(法政二)

予選リーグ3試合目。

同日2試合目だったが、しっかり休息をとり挑んだ予選リーグ最終戦。2敗する相手に対し、高いモチベーションを保ったまま、終始相手を圧倒するゲーム運びで、3勝目を挙げた。

昨年に引き続き決勝進出を果たし、明後日夜に決勝戦を迎える。

試合は前半からチームのリズムでゲームを支配。

9分コーナーキックからCB雨宮(韮崎)がヘディングで先制点を奪うと、

16分には相手クリアのこぼれ球を西山(前橋育英)が技ありのゴールで追加点。22分にはキャプテン福岡(千葉明徳)が、ミドルレンジが豪快に振り抜きドライブシュートで3点目を演出。

更に後半51分にも福岡が2列目から抜け出し自身2得点目となる4点目をねじ込み勝負あり。

終始優勢に試合を進め勝利をモノにした。

しかしながら、今大会初失点があったことも事実。

相手コーナーキックからの不用意な失点だっただけに、修正が必要。

このセットプレーでの失点が敗戦に繋がることもある。

明日のトレーニングマッチからしっかり修正できるようにしたい。

明日はトレーニングマッチ。

過去の戦績は敗戦ばかりで、昨年は決勝戦で破れた Rayo Vallecano。リベンジマッチを制し、決勝戦に向け弾みをつけたい!

スペインでの試合は残り2試合。

全勝で有終の美を飾り帰国できるようにやりきろう!!