インテルモビスタキャンプ2019〜3日目〜

522

インテルモビスタキャンプ3日目スタートです。

今日からいよいよ午前中のクリニックスタート!

気合いが入ります!

クリニックの前に練習着を支給してもらいました。

今回4日間お世話になるロベルトコーチ。

インテルモビスターではBチームの監督をしているほか、フィジカルコーディネーターとして育成年代

(カンテラ)の練習を管理しているとても優秀なロベルトコーチ。

練習前にこの4日間で行う練習の内容と目的、普段インテルがどのような練習をしているかの説明を受けます。

いよいよ練習がスタート!

最初のメニューはアップを含めたコーディネートトレーニング。

ボールをトラップする時の身体の向き、パスの出し方など細かい指導が入ります。

最初のメニューはアップを含めたコーディネートトレーニング。

ボールをトラップする時の身体の向き、パスの出し方など細かい指導が入ります。

続いては小さいエリアでのドリブル技術を養うメニューです。

エリアという限られたスペースにマーカーで障害物を作り、複数で同時に行うことで、確かな足元の技術と味方とぶつからないようドリブルしなくてはいけない条件下で養える視野の広さを目的としたメニュー。

スペイン語での練習という慣れない環境でも一生懸命に指示を聞きます!

1番の基本で大切なコントロールとパス。

この1つ1つの身体の動かし方から教えてもらいます。

ここで学ぶのはフットサルでは欠かせないボールアックという技術。なぜ大切なのか。いつ使うのか。細かい説明がとてもわかりやすいです。

そして最後は壁パスでの縦への突破とそれを2対2でどのように使うかの実践メニュー。

ボールをもらうタイミングで相手の位置によって崩し方を変えるという、なんともコードな連携を要求されるメニュー。

ロベルトコーチ直々にディフェンスに入ってもらい、細かい指示が飛びました!

最後は全員でクールダウン。

練習に対しての質問や普段のプレーで改善したい点など、最後まで考えられたメニューをこなしました!

4日間の練習を通して、インテルのチーム戦術である0-4を少しでも理解出来るように、考えていただいてます!

そして午後はいよいよ実際に練習参加!

シュウリはInfantilB。

そしてシオウはCadeteA

セイタ、リュウスケはAlevin C。

というカテゴリーで練習しました!

実際に練習参加するのが初日ということもありどこなく緊張していた子供達。それでも現地の子の積極的なコミニュケーションの助けもあり練習終盤には少しずつ自分の持ち味を出すことが出来るように!

これを良いキッカケに明日からも頑張ろう!