ドイツ春キャンプ2023〜day5〜

1293

Guten Morgen!

ドイツ春キャンプ2023・5日目です!

今日でドイツでのサッカーは終了となります。

クリニックに、クラブチームへの練習参加。

最後までやり切りましょう!

まずは午前のクリニックの様子から

前回に引き続き、フェリックス氏が来てくれました!

2部練となるため、疲労も考慮して70分と短く、でも強度を高くキープしながら取り組みました。

最後のゲームでは0-0と引き分けだったため

全員蹴る形でPK戦へ。

GK陣がPKストップをするシーン、ポストに当てながら決めるシーン

緊張感あるPK合戦で午前のクリニックを終えました!

フェリックス氏と記念撮影!

サインを貰う選手、写真を一緒に撮る選手

優しく子どもたちに接してくれました!

「日本の子どもたちのテクニックは素晴らしい、アジリティ能力も高い。だからこそ頭の部分、判断の部分をもっと磨くと、さらに良くなると思う」という言葉も頂きました。

Danke schön!

チビーズが勝負を挑みましたが、頭を押さえられてパンチ(手)が届きませんでした笑

午後はドイツ人の子たちとやるラストの練習です!

ショットマインツ組

トレーニングも最終日を迎え初日とは変わり、練習前からドイツ人と積極的に絡みに行ってボール回しを始めたり、覚えたてのドイツ語で練習に取り組む姿が見えました。

今回、なるべく選手たちには、全てを伝える事はせず、大事な所だけ通訳しました。

それ以外はなるべく見て、コーチの話を聞いて、考えて、そしてドイツ人とコミュニケーションを取って欲しかったからです。

ブレッツェンハイム組

最初は常にコーチの方を見てヘルプを求める事も多かったですが、徐々にドイツ人と言葉が分からないなりにコミュニケーション取る姿が見れて成長したと思います。

練習終わり、監督に感想を聞くと

「良い選手達だ!次はいつ来るんだ!?」と褒めてもらう事が多くありました!

同年代のドイツ人の子達も見た目は日本人より大人でも中身はみんなと同じ同世代。

お互い頑張って伝え合おうと話してる姿はとても微笑ましくなりました笑

受け入れてくれたドイツ人の選手たちにも感謝です!

これにて、ドイツでのトレーニングは全て終了!

本人たちが感じた部分、リアルな体験はこれからの財産です。

それはサッカーが上手くできた、失敗したことだけではありません。

周りを観て考える、何かを発して誰かに伝える。

何かしらのヒントを得たはず。

それをどう活かしていくのかは子どもたち次第。

純粋にキミたちの未来が楽しみです!

残りは試合観戦にスタジアムツアーなど!

せっかくドイツに来たんだ。ドイツを満喫してお土産話しも、もっと増やして帰ろう。

最後まで楽しもうぜ!

前の記事2023イタリア・パルマ春キャンプ〜Day5
次の記事スペインキャンプ〜7日目〜