フォルツァ選抜スペイン遠征大会最終日

120

いよいよ最終日。

朝は恒例の散歩。これから学校で流行らすらしい「せんだみつおゲーム」で頭の体操。

部屋の片付けもし、会場へ。

リビングや寝室があったりとても過ごしやすい部屋でした!

お昼はパエリヤ!1,200人分のパエリヤ!

めちゃウマでしたが、試合まで時間がなく、完食できず、、

そして、最後の決戦。

集大成の闘いへ

vs CD LA GRANJA

今遠征でトライしてきたことを全て出そう。

悔いのないように。

が、そう簡単にはいかず、、結果は敗戦。

(2-3)ユウ、アキト

3点ともこちらのミスだけど、ミスに追い込まれるようなプレーをさせられたこと。こちらも2点取ったけど、たまたまのミドルシュートとセットプレーでたまたまいいボールがきてヘディングしただけ。

今大会、流れの中からゴールを奪えず、、。

そして、結局、今大会通して勝利できず。

日本の試合ではまあそこそこ活躍している選手達。しかし、大会通してほぼ何もできず。何もやらせてもらえず。

活躍できた選手は1人もおらず、、、。

ぶっちゃけた所を選手達に聞いてみた。

日本とスペイン、何が違った?

何で日本だとドリブルも抜けるし、シュートもできるのにスペインだとシュートは以ての外、ドリブルすらできない?ドリブルというよりは、ファーストタッチのミスの割合がほぼ全てを占めたので、パスもドリブルもシュートもなかなか出来なかった。

選手の回答です。以下箇条書き

・プレスが速すぎる。

・日本だとそこまで寄せてこない

・ボールめがけて奪いにくるから焦る

・身体をぶつけてこられるからバランスも崩れるし、ドリブルできない

・相手のカバーが良すぎて出しどころが全くない

・相手のポジショニングが良すぎて何もできない

・チームで連動して守ってくるからなかなか攻めれない

・シュートのタイミングが日本と違って早いから止めれない

・日本だとドリブルとかが多くて次のプレーが読めるけど、スペイン人は、寄せたらダイレクトで出したり、寄せなかったらドリブルしてきて、何するかわからないから取りにくい。

・ファーストタッチをちょっとでもミスしたらもう終わり。一瞬で寄せられて取られる。

・スペイン人はファーストタッチが上手すぎてボールをなかなか取れない。

なかなか的を得た回答をしてくれました(笑)その通りだと思います。

これを体感して、学んだだけでも収穫だと思いましょう。

ただ、この学びを学びだけで終わらせたらダメ。今回自分自身が打ちのめされたことを本気で理解して、どうやったら逆の事をできるようになるか。自分の頭で考えて実行できるか。

いつも思います。

この学びを本気で理解して自分自身でこれから本気でその部分を高めることに日々費やし、努力する選手がプロになります。

なりますというか、なっていってます。

それが自分自身でスイッチを入れられるかどうかということです。

現時点ではわかりませんが、この子達が数年後どうなるか、楽しみにしておきます。

ということで、マドリードに戻って最後の楽しみ。お土産を買いに!

買うものも買って、これで思い残すことはないかな。

明日は朝早いけど、他のお客様の迷惑にならない程度で夜更かしパーティーしていいからと。できたら反省パーティーしてほしいけど、、w

まあ、楽しむときは楽しもう!

では明日帰国です。