FITA関西フットサルU15選抜~スペイン遠征2日目①~

912

2日目

スペイン遠征2日目。
さぁ、いよいよ今日から大会がスタートです。

スペインではお馴染みのクロワッサンと生搾りオレンジジュースの朝食をとり、大会会場に向かいます。

参加する大会は
『KELME INTERNATIONAL FUTSAL CUP』

日本でも有名なフットサルブランドKELMEとムルシア協会が主催する大会で、試合前にはキャプテンも大会の公式記録にサインするようなオフィシャルな大会です。

<今回の参加メンバー>
① 富盛 悠太(グランアルボル)※GK
④ 山添 裕太(アミティエ)
⑤ 宮田 那緒人(宝塚FC)
⑥ 北林 裕雄(オーパスワン)
⑦ 東野 秀翔(レボナ滋賀)
⑧ 森田 洋平(グランアルボル)
⑨ 小山 由偉(グランアルボル)
⑩ 片岡 侑馬(グランアルボル)
⑪ 井上 北渡(グランアルボル)
⑫ 田中 汰河(レボナ滋賀)※GK
※数字は背番号

??1試合目
vs Librilla Alcantarilla CFS

自分達で相談し、相手がどうくるかを見て待つのではなく前線からプレスを掛けることで相手に自由にプレーさせないという戦術を選び、アグレッシブなプレーをチームメイトに誓い試合に臨みました。

その積極的な姿勢がゲームを優勢に進めます。

前半10分、右サイド高い位置からのプレスでボールを奪った④山添裕太がゴレイロを引き付けて中央に折り返し、走り込んだ⑩片岡侑馬が押し込み関西選抜が先制!!
今大会のファーストゴールを日本チームが奪います!!
その後も早いパス回しから何度もチャンスを作るがゴールを決めることが出来ず前半は1-0で終了。

23分、右サイドを突破され折り返しのボールをパスカットしようとしたプレーがオウンゴールとなり失点。
同点に追い付かれます。
さらに30分にはバックパスから間接フリーキックを与えると、完全に集中が切れたところをリスタートされ失点し逆転を許します。
セットプレーの守備の切り替えについてはチームで何度も何度も確認した点だったので非常に悔やまれる失点でした。

ここからチームを救ったのは④山添裕太。
36分、CKからゴール前のこぼれ球に反応し同点ゴールを奪うと、38分、見事なパスワークから右サイドを崩し⑧森田洋平からの折り返しに中央で合わせ連続ゴールで逆転に成功します。

逆転してからも積極的にプレスを掛け続け、試合終了間際には相手選手のハンドから得たPKをキャプテン⑧森田洋平が冷静に蹴り込み4-2。

スペインでの初戦を勝利という最高の形で飾りました。