U-14 ソサイチ選抜シンガポール遠征③

146

ASIA’S WORLD YOUTH CUP 大会2日目

予選リーグ第5試合

vs MEDAN YOUNG BOYS SOCCER SCHOOL (ID)

環境に慣れた選手達、ここからの結果次第で上位トーナメント、もしくは下位トーナメントに参加するかが決まる。

「コーチ、絶対に上のトーナメントに行きたい!」

そのためには8チーム中4位以内が条件。

2日目初戦の入りは上々。

マヒロがマレの折り返しを押し込み拮抗を破る。他の選手も続き、順当に勝ち点3を積んだ。

合計: 4-1

得点者: マヒロ(マレ)、アオイ(マヒロ)、ユウ(カズマ)、マレ(リク)

※( )はアシスト

予選リーグ第6試合

vs Turf City FootBall Club (SG)

同Dグループ2位のチーム。決勝トーナメントで当たるであろうチームレベルの相手との対戦。システムを変更してカウンタースタイルを試みるが序盤の決定機を逃し自滅。

合計: 0-2

「コーチ、今の試合勝てました。。。」

悔しさが残る。

敗北には変わりないが、

強い相手ともやれる自信が付いたか。

予選リーグ第7試合

vs Lee Man (HK)

この試合に勝ち、明日は上位トーナメントで戦う権利を確保したい一戦。

しかし勝負事、そう簡単にはいかない。

先制点を許し苦しい試合展開に。

残り5分、前線に抜け出したリョウタが右足を振り抜き同点弾。勝ち点3のため必死になるソサイチ選抜だが炎天下の中なかなか決勝点が取れずタイムアップ。

合計: 1-1

得点者: リョウタ(カズマ)

幸いにも最終結果は合計3勝1分3敗で4位。

u-14ソサイチ日本選抜、上位決勝トーナメント進出を決めた。

夕方はホテルのプールでリラックス。

後に食事を取り大会最終日に備えた。

予選第6試合のような強い相手との試合では

いかに決定機をモノにするかが重要となる。

チャンスの後にはピンチ、

ピンチの後にはチャンスが来る。

好機を冷静に仕留めるチーム力があるかどうかにかかっている。

明日の1試合目はAグループの一位相手に

8:30キックオフ。

どんな相手だろうと勝ち進めばいつかは当たる相手。

しっかり休んで準備をしよう。

Great Work players !!