大会当日 in シンガポール

18

いよいよ大会が始まりました。

1試合目は、インド系の選手中心のLa Prata。未知数なチームでどういう展開になるか全くわからない状態でしたが、昨日の最終ミーティングのおかげか、やることも明確で選手たちに迷いはありませんでした。

結果は8-2で、最高のすべり出しをしました。

 

続く2回戦はSingapore Cricket Club。シンガポール1部所属で今回1番の強敵です。

相手チームは体も大きくフィジカル能力が非常に高く、ヨーロッパの選手主体のチームなので、ボールコントロールや判断力も非常に長けていて、かならやっかいな相手でした。 それに対抗すべく、日本選抜は運動量とシンプルなパスサッカーで対抗しました。

 

序盤はお互いに譲らず、手堅いサッカーになり前半は0?0で動きませんでした。

そして、後半。とうとうゲームが動き出しました。

綺麗なサイドチェンジからセンターバックの今回のチームキャプテンであるナオにボールが渡り、そのままフリーでドリブル。今回ずっと言ってきた、ゴールが見えたら迷わず打て!

完璧なシチュエーションでした。 相手もいない、どフリーな状態。

迷わず弾丸ミドルシュート!

ボールはバーの内側を叩き、そのままゴールイン!まさにスーパーゴールでした!

みんなナオの元に駆け寄りガッツポーズ!ベンチのみんなも大喜びです!

 

その後、徐々に相手に主導権を握られはじめました。 相手もやはり強者です。

特に2年前までフランス、リーグアンでプレーしていたワントップの選手にはかなり苦戦しました。ずっと頑張って耐えていたDFラインもとうとう崩されました。相手のプレスキックから、一瞬ボールウォッチャーになった隙を綺麗に突かれてしまいました。

これで、スコアレス。結局その後もお互い譲らず1-1のドローで終わりました。

でも悪くないです!上出来です!みんな頑張りました!

 

さあ、最後は現地シンガポール在住の日本人選抜です。

これも非常にタフな試合でした。 前半先制するも、立て続けに2失点。 チームも不穏なムードに。

でも、昨日の選手ミーティングが効いていました。 みんな諦めてません。

後半ロスタイム。 今回不動のボランチを務めたヤマトが正確無比な左足からスルーパス。ゴール前で反応した、こちらも不動のワントップを務めたマーティがニアに走り込み、キーパーが触る寸前にボールにタッチ。

綺麗なゴールでした。このイメージは練習のときから何度も話し合っていて、完全に狙い通りでした。

ゴールと同時に終了のホイッスル。

 

日本選抜は得失点差で優勝は逃しましたが、見事準優勝。

 

悪くない結果です。みんなが一つになれたからこそです。 本当によくやりました!

最後はみんなで記念撮影。

 

 

夜はみんなで宴会をしました。

 

最後に選手みんなに日本選抜認定書を渡しました。

 

貴重な経験になったと思います。

また、このメンバーでやることは恐らくもうありません。

ここで出会った仲間を大事に今後も繋がってもらいたいです。

 

またいつか、会いましょう!!