トレーニング3

25

今回のトレーニングもテーマは、前回に引き続き「クロスからのシュート」で、今回は11人対11人の正規のコートの大きさで行い、入り込むタイミング、クロスの質にフォーカスをあてました。

 

ジョージコーチもしきりに言ってましたが、ただ闇雲に走りこんでも意味がありません。キッカーがトラップしてルックアップした瞬間だったり、DFとの駆け引きだったり、そのためにはやはり、判断とタイミングです。

どこにスペースがあってどのタイミングでどう走りこむのか。キッカーも入り込みが遅いと感じたら、少しフワッとしたボールにして滞空時間で調整したり、相手DFにマークされていて難しいと感じたらピンポイントで速いクロスをあげたり。0コンマ何秒で瞬時にそれらの判断を下さなければなりません。

 

どのトレーニングもそうですが、ただ単に練習しててもうまくはならないから、頭の中も常にフル回転しなければなりませんね。

ただ、今回はそれ以前に

 

グランドが非常にスリッピーでパス、トラップが非常に難しかったと思います。みんなもミスが多く、なかなか思うように出来ていませんでした。

ワンバウンド目がかなり延びて、トラップのタイミングもつかめず、またトラップに集中するあまり、そのあとのプレーの判断も悪くなり全てが悪循環です。

 

みんなもおそらくこんなグランド嫌だな?、難しいなあ?と思ったはずです。

 

しかし、海外。特にスペインでは常にスリッピーなグランドです。試合前、ハーフタイムに水を撒きます。スペインリーグの特徴でもあるスピーディーで華麗なパス回しもこのスリッピーなグランドの影響です。
だから海外ではスリッピーなグランドはいたって普通です。

 

グランドがどうであろうがしっかり止めてしっかり蹴る。

 

サッカーはこれが全てです。

 

毎日毎日、何百回でも何千回でもボールを蹴ってもいいと思います。

このベースがないと、自分の特徴も、いい判断も全て殺してしまいます。

全ては毎日の練習、毎日の努力です。

 

練習あるのみです!!近道なんかないし、とことんやりましょう!!

 

 

※練習後の、タクミコーチの体幹トレーニングです。

今回は3種類くらいやりました。

 

が…

 

最後の方はみんなひ?ひ?言ってましたね…僕も含め…(笑)
ということで毎回恒例にしていきます!

 

体幹もトラップと同じくらい大事です!!

めざせ長友!!

シェア
前の記事スペイン留学
次の記事IN LONDON