【日本】全国4会場にて夏休み・スペイン下部組織合同キャンプセレクションを開催!Go To Spain!

917

2022年ゴールデンウィークに日本全国4会場にてスペイン下部組織合同キャンプセレクションが開催された。

同セレクション合格者は夏休み期間にスペイン・マドリードで行われる現地スペインクラブ下部組織所属選手が参加する合同トレーニングキャンプに特待生として参加する権利を得ることができる!

普段は対戦相手の選手とチームメイトに!

セレクションには、様々なチームから選手たちが参加!

普段は対戦相手として戦っていた選手と一緒にトレーニングを行い、同じチームでプレーする。

日常では体験できない経験を積むことができるのもセレクションの醍醐味!

他チームの選手と仲良くなる選手たち、サッカーを通じてこういった輪が広がって行くのもスポーツの魅力です!

過去のキャンプ参加者はほとんどが初海外!?初飛行機!?

今回のセレクションをきっかけに初めて海外に挑戦する選手も多くいるはず。
実際、過去にユーロプラスで行ってきた海外キャンプ参加者の多くが初海外という子がほとんどでした。(初飛行機という子もたくさんいます)

日本の空港を出発する時から、日本に帰国するところまで日本人スタッフが帯同するため安心して海外キャンプへ!

行きの飛行機で子どもたちは学年、地域を越えて仲良くなっていますね!

チームから1人だけ、、、

小学3年生だけど大丈夫なのか、、、

といった不安は現地に着く頃には吹き飛んでいます!

共通言語「サッカー」

海外キャンプに参加する上で「言葉が喋れないけど大丈夫ですか?」と質問を多くいただきます。

実際にスペイン語を喋れるという子はほとんどいません。

出発前にお渡しする”キャンプのしおり”に簡単なスペイン語の挨拶や単語を載せているので、
少しだけ覚えて行きます。

その少しのスペイン語を喋り、一緒にサッカーをする。

実際に海外に行けばサッカーという共通言語の素晴らしさを感じると思います!
こればっかりはリアルで体感しなければ得ることができません!

最近では、キャンプ期間で仲良くなったスペインの子とインスタグラムで相互フォローをし、帰国後もやり取りをしている子どももいます!
やり取りをするために英語や、スペイン語を調べてメッセージを送り合っているそうです!

逆にスペインの子が日本語を調べてメッセージをくれることもあるそうです。

「海外に友だちがいる!」
「日本に来たら、いろんな所を案内したい!」
「いつか、また一緒にスペインでサッカーがしたい!」

サッカーを通じて、子どもたちの世界は大きく広がります!

非日常が変化を与える!大事なのは継続性

国内でのセレクションや、海外キャンプでの経験。
サッカーを通じて、海外で異文化を体験し、国際交流を行う。
感性が豊かな年代だからこそ、得られる経験と変化は大きい!

海外を経験し、刺激を受けた子どもたちが世界基準を意識し、継続して取り組み、
国内でどんな成長を遂げて行くのかが我々スタッフの楽しみでもあります!

海外に行くチャンスがあれば是非チャレンジしてみてください!

海外サッカー留学/キャンプお問い合わせはこちら

ユーロプラスインターナショナルでは、小学生から高校生・大学生、社会人(指導者)など様々な年代の方々の海外サッカー留学をサポートしております。

お気軽に資料請求公式ラインからお問い合わせください!

前の記事堀川選手、フットサルセリエCでのワンシーズンの経験を語る。
次の記事「ドイツ」ブンデスリーガ2021/22シーズン全日程が終了!