「ドイツ」最終節にもドラマが!ブレーメンが41年ぶりに2部降格。ケルンとキールが入れ替え戦へ!

73

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適な留学、トライアウトプロジェクトをご提案しています。

先日、ブンデスリーガ1部・2部ともに最終節を迎えました。

大迫選手が所属するSVヴェルダー・ブレーメンがボルシアメーヒェングラードバッハに2-4で敗れ、41年ぶりの2部リーグ降格となりました。

また、FCケルンはシャルケ04相手に1-0と勝利し、逆転で16位となり入れ替え戦へ挑みます。

2部リーグでは、ボーフムが優勝し1部リーグ昇格を決め、更にグロイターフュルトが自動昇格を手にしました!

3位になったキールがFCケルンと入れ替え戦を闘います!

今シーズンを締め括る入れ替え戦にも注目です!

前の記事「ドイツ」FCバイエルン・ミュンヘンが前人未到の9連覇を達成!!
次の記事「ドイツ」FCケルンが入れ替え戦を制し、1部リーグ残留!!