「ドイツ」現地で実はやってはいけないこと紹介!

63

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適な留学、トライアウトプロジェクトをご提案しています。

ドイツと日本では様々な文化の違いが存在しており、留学の際にはサッカー面だけでなく、私生活においても多くの新しい経験をします。

そこで今回は、渡独前に知っておきたいドイツでやってはいけないこと、いわゆる「タブー」を紹介したいと思います!

1つ目は、鼻をすする行為です!我々日本人は鼻が詰まっていたり、鼻水が出そうになるとついつい鼻をすすってしまいます。これは日本ではごく当たり前の事なのですが、ドイツではこの行為はタブーなんです!ドイツ人はどこであれ、必ずティッシュもしくはハンカチで鼻をかみます。日本の場合、食事中や公共の場で鼻をかむことの方が嫌がられる傾向がありますが、ドイツでは逆なので、気を付けましょう!

2つ目は、22時以降にシャワーを浴びるという行為です!ドイツ人は夜は静かに家で過ごす人が多く、また就寝時間も比較的早いです。ですので、夜遅い時間にシャワーを浴びたり、洗濯機を回したりしてしまうと、騒音の苦情が来る場合があります。ドイツではWG(ヴェーゲー)と呼ばれるシェアルームが流行っており、共同生活する場合には尚更気を付けなければなりません。

3つ目は、日曜日に掃除機をかける行為です!ドイツ人は休みの日を非常に大切にしており、休みを満喫するために働くという精神を持っています。ですので、日曜日の騒音はタブーです!掃除機の音も騒音に含まれますので、日曜日以外に掃除機はかけるように気を付けましょう!

他にもまだまだ文化の違いは存在しますので、随時紹介していきたいと思います!