【ドイツ】U17ブンデスリーガ、FSVマインツ05vsバイエルン・ミュンヘン

971

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適な留学、トライアウトプロジェクトをご提案しています。

弊社サポートの大𦚰選手、短期留学生としてドイツに滞在している高校生の伊藤選手と一緒にユース年代のブンデスリーガ、マインツU17vsバイエルン・ミュンヘンU17の試合を観戦してきました!

旧スタジアムをバックに、天然芝が綺麗に整備されているマインツのアカデミーセンターグラウンドで開催されたこの試合。相手がバイエルンという事もあってか、観客は普段の倍近い200人程入っていました。ちなみにこの天然芝グラウンドはトップチームも普段のトレーニングで使用しています。

サイドに厚みをつくってポジションチェンジを繰り返しながら丁寧にボールを前進させていくバイエルンに対し、やや受け身の時間が長くなるも集中した守備でアタッキングサードでは自由にプレーをさせないマインツ…という印象。U17ドイツ代表選手2人を擁するバイエルンが試合を支配しましたが、しぶとく耐えるマインツも後半にはカウンターやロングフィードから決定機を生み出していました。

マインツ、バイエルン共にセンターバックのポジションには16歳とは思えないほどしっかりとした体格の選手が出場しており、空中戦の強さはもちろん、ビルドアップ時の捌きやボールの持ち出しなど、レベルの高い選手が揃っていました。

試合終盤にはゴール前で2度の決定的シーンを迎えたマインツでしたが、バイエルンのU17ドイツ代表GKが近距離からのシュートに対してビッグセーブを見せて得点機を阻止したシーンは会場も大いに盛り上がりました。

特に高校生の伊藤選手は自身のポジションがGKということもあり、U17ドイツ代表であるバイエルンのGKのプレーには刺激を受けたのではないでしょうか。

試合結果は0-0でしたが、育成年代ドイツ最高峰の試合は緊張感のあるいい試合だったと思います。

前の記事長友フットボールアカデミーがラベンナトップカップのためイタリアIN
次の記事長友アカデミーイタリア遠征2日目は古巣チェセーナとトレーニングマッチ