「ドイツ」5部リーグ所属稲村選手に現地の練習参加についてインタビュー!

143

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適な留学、トライアウトプロジェクトをご提案しています。

ドイツのアマチュアサッカーでは、チームが選手と契約を結ぶ際に主な判断材料となっているのが、その選手のドイツでの成績、ビデオ等の映像、そして1番多いケースは練習参加でのアピールとなります。

先日5部リーグに所属するSV Gnsenheimと契約を結んだ稲村選手も、数回練習参加をした末に契約を勝ち取りました。

そこで今回は、その練習参加について語って貰いました!

Q.練習参加前の心境を教えてください。
A.練習参加前は不安などはなく、楽しみな気持ちで練習に向かいました。その中で自分の長所であるプレーを出し続けることを意識していました。

Q.練習参加した時のチームの雰囲気はどうでしたか?
A.チームの雰囲気は、とてもしっかりやるチームだなと思いました。練習前はみんなで話したりリラックスをしていますがいざ練習が始まると、終わるまで全員が集中して真剣にやっていました。

Q.練習参加するに当たって大事にしていた事を教えてください。
A.まずチームメイトに積極的に声をかけていくことを意識しました。
それと、自分の長所であるプレーを出し続けてアピールすること、球際の部分では絶対に負けない気持ちでのぞみました!

Q.契約を勝ち取った時の気持ちを教えてください。
A.1つ上のリーグで戦えるとことになり、とても楽しみになりましたし、これ以上にもっとサッカー中心で練習や生活に取り組んでいかなければいけないなと思いました。

Q.今後の目標を教えてください。
A.まず新しいチームでスタメンを勝ち取り試合に出続けることです。パフォーマンスの波を減らしチームメイトからもはやく認められるようになってチームにとって必要な存在になっていくことです。

インタビューは以上になります。練習参加では、周りの選手としっかりコミュニケーションを取りながら、自分のことをアピールする事が大切だということですね。

稲村選手の新たな挑戦をしっかりとサポートしてまいります!