コスタブランカカップU10サッカー選抜大会1日目

2538

絶対に負けられない闘いがスタート。

バスでグランドに到着し、フアンホからプロフェッショナリズムを注入。

「さあ、今から大会がスタートだ。準備してきたことを信じろ。ピッチへの門をくぐったらそこはもう戦場だ。眼の色を変えなければならない。這いつくばるくらい闘いぬけ。そしてその全てを楽しめ。」

グループリーグ1試合目

vs MAHWAH RAIDERS SC(アメリカ)

前半

後半

立ち上がりからハイプレスで相手を威嚇。

チームでの決まり事も徹底し、ゲームを優位に進める。そんな中、この日何度もミドルシュートを狙っていたヒョウエイが渾身のミドルでネットに突き刺さす。

その後もイーブンの展開が続くが、ミスが多く上手くシュートまで持ち込めない。守備もミスからのピンチが増える。

すると後半半ばに嫌な位置でファールを与えてしまいそれを決められてしまう。

非常にもったいない失点。

反撃も及ばずそのまま試合終了。

1-1(ヒョウエイ)

引き分け

1試合目にしては悪くはなかったが、問題点、反省点も多すぎるほどあるので、、、午後にビデオを観ながら修正。改善。

絶対に勝たなければならない試合でもあったが、、まだ試合は続く。切り替えて次の試合に望むだけ。

切り替えということで、試合後はそのままプールへ直行。楽しみました。

昼寝をして、ビデオ分析。

良かったプレーは続けよう。でもその逆は、しっかり改善して良くしていこう。

以下問題点箇条書き

・コントロール、パスの精度

・マーキングがなってない。あれだけ間合い開けたら自由に動かれる。身体(胸)を当てて自由(動き、スペース)を与えない。失点はまさに。

・情報を与える(声の質)。それだけで2点は取れた。GKと1対1なのになぜ呼ばない?

・常に逆サイドの意識。同じサイドは嵐の中。なぜ嵐に突っ込む?

・ドリブルが1つ多い。相手に近寄る前にパス出せたらGKと1対1が3回あった。近すぎるから相手の足に当たる。

・ボールウォッチャーになり過ぎ。ボールと相手を同一視野で。

・シュートの意識。5本は打てた。そのうち1本でも入れば勝っていた。

あまり言っても頭に入らないので今日はこれくらい。寝てる選手もいたのでw

逆いえばこれくらいやれれば簡単には負けないし、いい勝負は必ずできる。

夕方は、フットサル日本選抜チームの応援!

からの、夜は開幕パレード!

スケールの大きさに圧巻!色んな国の子たちと戯れ、素晴らしい経験になったようです!

明日は2試合目!

必ず勝つぞ!

前の記事U12西日本フットサル選抜’19スペイン遠征〜2日目〜
次の記事【タイ】T4のナンFCに吉田直弘が移籍、プレーオフ進出への切り札となれるか