トレーニング5

37

1対1を制する者は世界を制する…

 

といわけではないのですが…、まあでもやはり重要です!

 

今回も1対1を中心に行い、そこから2対1、2対2と進んでいきました。

今回の2対1ではオフェンス1人、ディフェンス2人という状況設定で行いました。

もちろんディフェンスが有利な状況です。

しかし…ディフェンスがやられる場面がしばしばみられました。

 

問題は、コーチングとポジショニングです。2人同時にあたりにいき、同時に抜かれる。

 

チャレンジ&カバーがをしっかりできていないということが原因でした。誰が当たって誰がカバーするのか。どこを切って、どこにポジションを取るのか。そういったコーチング、コミュニケーションが必要です。2人だけでなくGKもコーチングが必要です。

単純なようで難しいです。もちろん一流選手でもこういったミスはあります。だからいいということではないですが、普段の練習から細かい部分まで突き詰めていかなければなりませんね。

 

ちなみに、海外では選手達の声が大きすぎて、コーチの声が聞こえないということがしょっちゅうあります。

 

日本ではどうでしょうか?

 

逆ですね。コーチ達がうるさくて選手は静かな場合が非常に多いと感じます。

 

コーチから「頼む、もうちょっと声小さくしてくれ…近所迷惑やわ…」

 

と言われるくらいガッツリいきましょう!!

 

 

練習後は恒例の体幹トレーニング!!!

シェア
前の記事今年も!!
次の記事トレーニング6