ドイツ・ダルムシュタットキャンプ

295

4/2  9:00

朝食後、ダルムシュタットトップチームのトレーニングを見学に。




もうダルムシュタット市内ならコーチ無しでも移動できそう?



ダルムシュタットのスタジアムに隣接する練習施設。サポーター用のバーが必ず用意されているドイツのサッカー環境。



10:00

選手達が続々現れ始めた。

現地メディアも同じタイミングで慌ただしく動きだす。





元ドイツ代表のスター、現ダルムシュタット監督「フリンクス」(左)とコーチ陣との貴重なショット。






ババック氏の友人、マリオ選手。

昨日の試合に出場した選手。本日はリカバリーのみ。

メディア対応に忙しいマリオ選手。




帰り際のフリンクス監督を捕まえた!

トルステン・フリンクス(wikipedia




サインマスターのシンヤ、チームのムードメーカーだ。

11:30

練習施設を後にしランチ。


ダルムシュタット駅前、ソーセージを扱うレストランに入店。



部屋に戻る前に必ず寄るスーパー。

空港の免税店で売っている様な品物も安めに購入できる。

バカンスや休日のために生きる欧米人。

日曜日の午後、ドイツの街はほぼゴーストタウン。

開店している数少ないスーパーはお客さんでごった返しだ。

そして「お客様=神様」という文化はない。

日曜日に働いている店員は少し不機嫌?

「コーチ、あのレジの店員、品物の扱いメチャ悪いですよ!」

日本の店員と比べると、明らかに冷たい。

それが普通。

客と店員の間に優位性は無い。

それも勉強。

「先輩後輩、上下関係の薄いヨーロッパ」

我の強さ、自己表現が必要とされるプロサッカー選手やワールドクラスのアスリートを大量に育て上げるキーポイントかもしれない。

部屋で小休止の後は…



ホテルの目の前にある金網グランドでストリートサッカー!





1週間、最高の環境でしかプレイしてなかったから、初心に戻らないと…

イブラヒモビッチ、アザール、スアレス、ジダン、etc… 偉大な選手は皆、細かいルールや制限の無いストリートサッカーで技を磨いてきた。


濃厚だった1週間も今日で終了。


ホテルでの最後の晩餐は、好評だったカルボナーラとピザマルゲリータ。



1人1人、キャンプで感じた事を発表。

ドイツのピッチでプレイできるのも、試合観戦するのも、日本人の中では少数派。神様に選ばれた者のみ。渡航したくても実現できない選手の方が圧倒的に多いのが現実。


経験した事を持ち帰り、地元の仲間達の前で表現してください、伝えてあげてください。

さあ、故郷までの長旅が待っている。

家に着いて、親が安心するまでがキャンプ。
最後まで集中して帰ろう。