タイリーグ1へ昇格するチームが決定!

232
Image by Chant hornbill FC

10月21日、タイリーグ2、T2は2017シーズンの最終節が行われT1へ昇格するチーム、そして降格するチームがそれぞれ決定しました。

T1へ昇格するリーグ戦上位3チーム

優勝:チャイナート・ホーンビルFC

2位:エアフォース・セントラルFC

3位:プラチュアップFC

リバプールやA・マドリードで活躍した元フランス代表の肩書きを持つフローラン・シナマポンゴル擁するチャイナートが1年での1部復帰を決めました。エアフォースは高木和道、ヴィンセント・ケイン両日本人選手がチームを引っ張り昇格を果たしました。3位のプラチュアップFCは嬉しい初のトップリーグです。

photo by Prachuap FC

T3へ降格するリーグ戦下位3チームと来季のクラブライセンスが通らなかった2チーム

16位:ソンクラー・ユナイテッド

17位:バンコクFC

18位:BBCU FC

クラブライセンス不可:ナコンパトム・ユナイテッド、サムットソンクラーFC

16位ソンクラーユナイテッドはトップリーグにも長く所属していた名門でしたが、来季は長らくぶりの3部でのプレートなってしまいました。バンコクFCは財政的な問題もあり、難しいシーズンを戦いました。若いタイ人選手と経験のある外国人選手で臨んだ今シーズンでしたが、悔しい降格となってしまいました。BBCUはシーズン途中にチームの解散を発表、来季のクラブライセンスが通らなかったというナコンパトム・ユナイテッドとサムットソンクラーFCの両チームは来季、下部リーグからのスタートになります。

Image by Bangkok fc