イタリアセリエで成功するために必要な4つの形容詞とは?

82
皆さん
こんにちは
イタリアユーロプラスの林です。
今日は僕の海外での元プレーヤーとして、又、10年近いエージェントとしてのキャリアから、どのようなら形容詞を持つプレーヤーがイタリアサッカー留学&移籍で成功する事ができるかお伝えしたいと思います。

DETERMINATO (直訳)決心した

球際や判断に迷いがなく、良い悪い別として、自分がその場その時で何をするべきか、わかっている選手を指します。

セリエA2ミラノC5所属後村選手が良い例で、2番手ゴレイロとして加入、現在ではレギュラーの座を獲得。前説ではゴールも決めている。

目標に向かって、まっすぐな選手です!

INTELLIGENTE (直訳)賢い

読んだ通りの意味で、賢い選手!

まさに、セリエA2マンフレドニアC5所属の宮崎選手。

ピッチ内外共にて常に良い選択をとっている選手。

CATTIVO (直訳)悪い

悪いとは素行が悪いというわけではなく、試合中に勝ちにこだわる!堂々としている、強引な選手を指す時に使われる形容詞でもあります。簡単にいうと全てを蹴散らすことができる選手!

日本人ではあまり見かけないタイプです。

FORTE (直訳)強い、ストロング

イタリアでは上手いという表現はしません。上手いのはゲームに使う言葉です。

イタリアでの試合はゲームではなく、闘いです。どんなリーグでも勝つためにプレーします。そんな環境では上手いだけでは勝てないのです。勝った者が強いのです。

その形容詞に近いのがセリエC1オルヴィエートFC所属の竹中選手。

怪我に悩まされているものの、何か感じさせられるものがあります。

留学、海外移籍ではカテゴリーを問わずにこれらの形容詞は備え付けることができるのです。メンタルを変えようと日々意識するだけで、自然と備わるものです。

負けられない。

食わなければいけない。

この気持ちが選手としても人としても強くさせます。
皆さんの挑戦を待ってます!