モンテネグロ2部からスウェーデン2部までの安岡タクトのステップアップ

293

現在はスウェーデン2部でプレーする安岡選手は欧州最初の挑戦はモンテネグロでした。
最初はユースチームに加入し、モンテネグロユースカップで優勝をもって、大人のサッカーに入る準備は出来ました。

次のシーズンはモンテネグロ2部のチームと契約ができ、プロ選手のスタートを切りました。モンテネグロで通算リーグ戦80試合以上出場という大きな経験が出来ました。そしてセルビアの2部へ移籍しより高いレベルでの経験を積みました。

その後はスウェーデン3部に移籍、新しい環境にもすぐに慣れ大活躍。そして今年は2部チームからオファーが届き移籍しました。

彼はモンテネグロで色々なポジションを経験し、サイドスペシャリストになった。そしてそのポジションを6年間で磨いて今の高いレベルのサッカーリーグに入りました。モンテネグロで自分を磨く環境があり、選手は長期的に努力と勝負をしなくてはいけない。安岡選手の例もそれを明確に証明しているでしょう。

前の記事3人の留学生がスペインに到着!!
次の記事セリエA2首位を走るマンフレドニアの宮崎選手!!