日本人の大半は上手い選手、フットサルで食えるのは強い選手!

339

今年もトライアウトシーズンが始まり、続々と選手がイタリアに渡って来ています。

いつも思うのはみんなフットサル知ってるな!勉強してるな!ってことです。

しかし、多くの選手は持っているものの半分くらいしか出せずに帰って行っているような気がします。

その理由は上手くやろう、フットサルをしようという気持ちだけで、ピッチに今まで立って来たからではないでしょうか!

トライアウトは一回勝負、今までやって来たことが結果として出るものです。

写真;サンタアガタ(セリエB)にて獲物を追うようにギラつかせている小松選手

トライアウト生は生活がかかってない状況で常にプレーして来ているので、負けたら食えないという気持ち、瀬戸際での局面は体験したことがない選手ばかりです。

日本の会費を払ってのプレーはお客様扱いです。ここではチームが条件を出して助っ人としてプレーするので1つ1つのプレー、行動、言動に重みがあるのです。

そんな中で成功することが自信に繋がり、土壇場で力を発揮することが出来、結果を勝ち取ることができる選手になるのです。

そんな熱いハートを持った選手になりたいソルジャーを常に待っています!