【イタリア】サッカー留学、地域リーグから這い上がる!

1121

皆さん、お久しぶりです。

イタリアサッカー留学コーディネーター&エージェントの林です。

今日はイタリアのフットサルセリエCで奮闘する 佐藤選手 (インスタグラムアカウント@ryuichi_fs )のコメントを紹介したいと思います。

イタリアへは今年が初めての渡航で、もうそろそろ2か月半近く滞在していることになります。
8月に初めてイタリアに到着して、買い物、スマホが外で使えるようにするための手続き、レストランでの食事、通販、交通状況とルール、電車やバスの乗り方、もちろん現地の言葉(イタリア語)でのコミュニケーションで大きな壁を感じていましたが、少しずつ慣れつつあります。

本題のフットサルでは、カテゴリーがセリエA2〜C2まで練習や試合を含め経験して、現在はセリエC2のモンテルビアイオ (Monterubiaglio)というチームに加入しています。

このチームは人口600人ほどの小さな村が拠点で住民の人柄はとても温かい印象です。村は山の上にあり、とても自然豊かなのと景色も良く、建物も伝統的な技術で造られたレンガを使用していて美しいの一言です。

チームメイトはサッカーと仕事の掛け持ちをしている選手も多くいて、まだ、チームとしては課題が多くあります。チームの課題としては特に失点を減らすため、ディフェンス力を上げていく必要がありますが、攻撃力には長けているチームなので、今後、期待が十分持てます。

自分のこのチームでの仕事はもちろんゴールという結果を出して、チームの勝利に貢献することと、チームメイトとともに毎回の練習で成長していけるように精進することです。



今シーズンの抱負は、全試合でゴールを決められるように結果を出してステップアップをすることです。

前の記事【ドイツ】大学を通信制に切り替えサッカー留学に挑戦 滝澤蒼平選手
次の記事【ドイツ】ドイツサッカー アマチュアリーグ(5部、6部)のチーム数