イタリアサッカーを通じて、国際人になる!

347

今の社会はグローバル化が進み、海外との距離が様々な意味で近くなって来ています。

そんな社会で生き抜いていくには、語学、コミニュケーション能力、国際的なマナーが必要になります。

それを得ることができるのが、イタリアサッカー留学

今まで言葉も含めて何不自由なく、過ごして来て、ここでは日本人が存在しない環境で生活、チーム内で経験ができます。

学校へ通う時の交通手段も日本とは理屈が違い、最初は戸惑います。

食事は白米は出て来ませんし、自分の意思表示をして、ジェスチャーを使いながら、注文します。

もちろん、注文したものが想像していた味と違うこともあります。

それも経験なのです。

現ペルージャトップチーム監督、ワールドカップ優勝メンバーでもあるネスタ氏ともバッタリ!

一般人とサッカー選手、監督の距離は日本より近く、雲の上の存在ではないのがイタリア!それはサッカーがイタリア人にとって生活の一部だからです。

ここには全国から選手がプロになるために集まって来ています。

サッカーに没頭できる環境が存在していますが、監督は生活面には口出しはしません。

子供のうちから、自分で自分の行動の責任を取るのです。

それが、ヨーロッパの特徴であり、世界で活躍できる選手が育つ環境だと思われます。

自分の持ち物から、食事、休養、全てを自分でコントロールできる人間を生み出します。

そんな、イタリアに皆さんもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?