🇩🇪FC Basara Mainzが即戦力を募集!
国内入団テストを開催!

832

“FC Basara Mainz”は、2014年に世界でサッカーを通して成長してほしいという願いのもと日本代表・岡崎慎司選手が創設。リーグ参入から毎年のように昇格し、現在はドイツ6部リーグに属している。ドイツNo.1サッカー誌のkickerにも取り上げられ注目を集めた。

日本人選手の登竜門そしてステップアップクラブに!

ほぼストレートまで6部まで昇格してきたFC Basara Mainzは、ドイツ国内で日本人を探すとしたら、まず「FC Basara Mainzに!」とドイツ国内のチームが選手探しに動いていると言っても過言ではないくらい知名度が年々増している。それだけ注目チームのため、多くの日本人選手がここ6部から4部や5部のチームへステップアップしてきた。
たかが、6部。なんて思う人も少なくないのかもしれないが、これだけ実績のある6部のチームはなかなかない。初めてドイツへチャレンジする選手の最初の壁は”言語”だが、ここFC Basara Mainzは、日本人選手だけでなくドイツ人選手も在籍しているため、基本的にドイツ語で会話がなされている。
そのため、初年度はプレーの適合とドイツ語の修得がメインとなる。そして、ドイツに慣れ、プレー面でもアピールし、ステップアップができる環境が整っている。

1.FSVマインツ05と提携!

FC Basara Mainzは、ドイツブンデスリーガの1.FSVマインツ05とオフィシャルパートナーシップ提携をした。これにより、1.FSVマインツ05はより地域密着の育成を現実にした。FC Basara Mainzからブンデスリーガ1.FSVマインツ05へのステップアップも現実なものになった!

共に戦う即戦力を求む!

FC Basara Mainzはこれまでも、能力の高い選手が在籍し、ここFC Basara Mainzで活躍しては、巣立っていった。
最近で一番の出世は、岡田怜だ。岡田は、FC Basara Mainzでプレー後、4部のチームへ移籍をし、シーズンを通して自分をアピールした結果、現在は日本代表の遠藤航選手や伊藤洋輝選手が所属するVfBシュトゥットガルトのセカンドチームに在籍している。同期には、チェイス・アンリ選手も在籍する場で日々戦っている。
日本代表への道の入り口はココだ!
君の実力を試せ!!

見事シュトゥットガルトⅡへステップアップした岡田怜

FC Basara Mainz 入団テスト

日程:2023年1月22日(日)
時間:18:00-19:00 面談
   19:00-21:00 実技テスト
会場:ZOZOPARK HONDA Football Area
住所:〒261-0014 千葉県千葉市美浜区若葉3丁目2-17
参加費:無料!
定員:20名
対象:高校3年生以上の健康な方、サッカー経験者
※プロ経験者、海外経験者、大歓迎!!

お申し込みはこちら!

前の記事「ドイツ」前期シーズンが終了。
次の記事「ドイツ」カタールワールドカップ2022。2大会連続でのグループリーグ敗退。