12.1 C
Tokyo
火曜日, 10月 17, 2017

マンスリーアーカイブ 1月 2014

ホセレクリニック最終日

今日で5日目、最終日です。   この1週間やり続けていたことを全て出し切ろうと選手も必死に頑張りました。 非常に良くなりました! 「顔をあげる」「間に顔を出す」「スペースを作る」「出したら動く」「両足を使う」「相手を観る」…何度も何度も言い続けましたが、非常に大切なことです。レアルマドリッドやバルセロナのトップの選手もいつもこれの繰り返しです。     最後にクラブの監督さんや保護者さんから、この1週間で見違える程変わったと言われました。 それは選手達本人も自覚していると思います。   しかし、これは本当に意識の問題です。選手本人が本当に自ら考えてサッカーをやれているかどうか。そしてそれを毎日意識して続けられているかどうか。ということだけです。   最後はホセレも選手たちも名残惜しそうでしたが、これが最後ではありません! この1週間での優秀選手はまた春にスペインでホセレに会えます!今度はホセレのクラブでトレーニングができます!   ホセレも春休みに会えることを非常に楽しみにしています!   子供の可能性は無限大です!もっともっと上を目指して頑張ろう!!    

U-14第4回エリートトレーニング

  1月18日にU-14第4回エリートトレーニングが   埼玉県さいたま市にある   ラダースポーツ北与野にて行われました。       夏のJrYouthFESTA in 波崎で   約300人近くの中から選ばれた選手達での   エリートトレーニングも今回で最後です。                                 今回もコーチの田中誠さんによる   質の高いトレーニングが行われました。                             パスの質(スピード、コース)、受け手の準備(体の向き、次へのイメージ)、   コントロールの質、この3点に重点を置いたトレーニングでした。                               既に3回一緒にトレーニングしている仲間同士なので   コミュニケーションもうまく取れて   お互いがお互いのプレーの特徴を理解したきたので   パスも当初より繋がるようになり   コミュニケーション不足によるパスミスも減りました。                                 今回のトレーニングをもって計4回のエリートトレーニングが終了です。     今後の流れは当初の予定通りメンバーを絞ってシンガポール遠征を行います。       もちろん選ばれる子選ばれない子がいますが   今回のようなトレセン活動を通じて   普段出来ないようなトレーニングや   他のチームの選手達との交流で   得たものを必ず自分の財産として今後の活動に活かしてほしいです。    

U-14第3回エリートトレーニングマッチ

  12月14日にU-14第3回エリートトレーニングが行われました。       今回のエリートトレーニングは初の対外試合でした。       もちろんこちらは毎日一緒にトレーニングしているわけではないので   コミュニケーションであったり、連携は相手より劣る部分はありますが   格上相手にどこまで自分たちのサッカーが出来るか。   個人でどれだけ対抗できるか。この2つが重要でした。                                 もちろん相手の個々のレベルは高く   思うように自分たちのプレーが出来ない時間帯もありましたが   その中でも自分の力をアピールしようと努めている選手もいました。                                     結果は敗戦となり、   選手達も結果以上に内容で上回られたことに対し、悔しさがあったはずです。     今回のこの一戦で、上には上がいること。   普段出来ることが相手次第でうまくいかなくなること。   もっともっと頑張らないと高いレベルにはいけない。     今回感じたことを、各自でどれだけ普段の取り組みに落とし込めるか。     もっともっと色んな相手と戦って   より多くの経験を積んで自身の成長に繋げて欲しいです!!                               今回試合をしてくださった   三菱養和の皆さん、ありがとうございました!!!    

ホセレクリニック

IN大分3日目   今日は、攻撃のスイッチの入れるタイミングを重点的に行いました。   いつスピードアップをするのか、チーム全員での共有が必要です。 ただ単にボールを回すだけではゴールできません。どのタイミングでどこにボールが入ったときにスピードを一気にあげてゴールに向かうのか、今日は徹底的にトレーニングできました。     口酸っぱく言い続けましたが、まだまだ意識付けが必要です。 そのためにさらに小さな基本の連続が必要です。 顔を上げる。相手の流れを観る。三角形。両足。スピードアップのポイントを皆で共有する。 レアルマドリッドの選手も毎日これを徹底しています。   一番大事なことです。毎日毎日意識して習慣化していきましょう!!   でもこの3日間毎日毎日良くなっています!!最後のゲームもいいプレーがたくさん見られました!引き続き頑張ろう!!      

U-18ソサイチスーパーリーグ

      1月19日にソサイチスーパーリーグの2日目が行われました!     今回は冷たい強風が吹く寒い中   埼玉県上尾市にあるフットランドASASで   計5試合の熱い戦いが繰り広げられました!!       第1試合は   リオFC(東京都)VS 常総アイデンティ(茨城県)5?2                             個々の高い能力とバイタルエリアでのアイディア溢れる攻撃力が持ち味のリオと DFラインからのポゼッションから個人技を活かした攻撃力が持ち味の常総の1戦。 お互い攻撃力のあるチーム同士の戦いは試合開始からリオのペースで始まる。 前半1分、5分と立て続けに得点を奪うリオ。 バイタルエリアでのワンツーから3人目の動きで次々にゴールに迫るリオに対し 完全に勢いに飲まれてしまった常総はなかなか本来の持ち味を出せず。 結局後半に2点を返すもリオの攻撃を最後まで止め切れず敗戦。 一方リオは攻撃がうまくハマり大量得点での勝利となった。                           得点者 1?0:?小山雄也(リオFC) 2?0:?野澤英士(リオFC) 3?0:?阿部諒也(リオFC) 4?0:?小川俊秀(リオFC) 5?0:?西村瑞紀(リオFC) 5?1:?渋谷怜樹(常総アイデンティ) 5?2:?鷹尾聖也(常総アイデンティ)     MOM??小川俊秀         第2試合は   大森FC(東京都)VS DALE SC(埼玉県)9?0                               個々の能力の高く、力強い守備の大森と 粘り強い守備からのカウンターのDALEの一戦。 立ち上がりから大森ペースで試合が始まるもなかな先制点が奪えない。 均衡が破れたのは前半9分。この1点を皮切りに大森の攻撃陣が爆発する。 個人の能力で次々にゴールを奪い結果的に9?0の圧勝。 一方DALEはGKが好セーブを見せるも、1点が遠く敗戦。     得点者 1?0:?山田玲(大森FC) 2?0:?山口健太(大森FC) 3?0:?染谷由来(大森FC) 4?0:?柏木祐輝(大森FC) 5?0:?柏木祐輝(大森FC) 6?0:?染谷由来(大森FC) 7?0:?柏木祐輝(大森FC) 8?0:?山口賢一(大森FC) 9?0:?角田莉欧(大森FC)   MOM-?柏木祐輝(大森FC)     第3試合は   リオFC(東京都)VS DALE SC(埼玉県)9?0                             前節、持ち味の攻撃力がハマり常総に勝利したリオと 大森に圧倒され大敗を喫したDALEとの1戦。 開始直後からリオの攻撃陣がDALEゴールを襲い掛かり 縦の関係から次々に得点チャンスを作り得点を重ねる。 DALEは時折カウンターでチャンスを作るも 最後のシュートの部分でブロックされなかなか得点を奪えず敗戦。 一方リオは攻撃陣が大爆発し勝利をおさめた。     得点者 1?0:?野澤英士(リオFC) 2?0:?小川俊秀(リオFC) 3?0:?小山雄也(リオFC) 4?0:?野澤英士(リオFC) 5?0:?三井田弘(リオFC) 6?0:?岡田慶太(リオFC) 7?0:?今井涼介(リオFC) 8?0:?岡田慶太(リオFC) 9?0:?三浦良太(リオFC)     MOM??岡田慶太(リオFC)     第4試合は   大森FC(東京都)VS 常総アイデンティ(茨城県)2?3     個の能力のと全体的な総合力の高い大森と 後ろからボールを大事に繋いでゴールに向かう常総の一戦。 開始直後こそお互いの出足を見ながら落ち着いたゲームだったものの 前半8分の常総の先制点を機に点の取り合いに。 先に常総が2点先行するも前半のうちに大森が追いつく。 後半はお互い一進一退の攻防を見せるも後半10分に常総のゴールが決まり 常総が大森との打ち合いを制した。     1?0:?嵯峨健太(常総アイデンティ) 2?0:?飯沼陸(常総アイデンティ) 2?1:?石川冴助(大森FC) 2?2:?染谷由来(大森FC) 3?2:?鷹尾聖也(常総アイデンティ)     MOM-?嵯峨健太(常総アイデンティ)       第5試合は   常総アイデンティ(茨城県)VS DALE SC(埼玉県)1?0       今節1勝1敗の常総と2敗しているDALEの一戦。 試合は常総パースで始まるも、DALEnoGKがゴール前に立ちはだかり なかなか先制点を奪えない中、前半6分に常総が先制点を上げる。 DALEは前の2戦から攻守に渡って修正し、粘り強い守備と 鋭いカウンターで常総ゴールに迫るも最後のフィニッシュまで行けず。 常総が1点を守りきり、1?0で勝利した。     得点者:?嵯峨健太(常総アイデンティ)       MOM??嵯峨健太(常総アイデンティ)       2日間終了時点の順位表     ?常総アイデンティ 4勝1敗 勝ち点12 ?リオFC 3勝1敗(1試合少) 勝ち点9 ?大森FC 2勝2敗(1試合少) 勝ち点6 ?DALE SC 5敗 勝ち点0 ?大宮ソシオ※チーム事情により3日目より参加 ?杉並アヤックス※チーム事情により3日目より参加         今節は冷たい風の吹く中、熱い戦いが繰り広げられました!     選手達は徐々にソサイチにも慣れてきた様子で   いくつかソサイチならではのプレーや   1対1の激しい攻防が見られました。       今後、やっている自分たちで修正を加え   よりエキサイティングな試合を見せてくれることを期待しています!!

ホセレクリニック IN大分

今日から大分のヴェルスパ大分で1週間クリニックです! 早速今日は、U-10.11を指導。   日中は、彼らの試合をビデオ分析し、問題点の改善、またいい部分をさらに伸ばせるような1週間のトレーニングメニューを作成しました。   今日のトレーニングは、GKからのビルドアップ、局面の打開、展開、連動…等。短い時間の中でたくさんのことをやりました。   みんな頭がいっぱいいっぱいだったように感じましたが、非常に一生懸命やっていました。イメージも湧いてきたと思います。     ボールも相手を見ながら、奪われず、運べるようになってきたので、次回は、さらにステップアップし、攻撃へのスイッチ、テンポを変えるプレーをテーマにやっていきます。     どんどんレベルアップしていきましょう!!    

ホセレクリニック(アトレティコマドリッドスカウティングコーチ) IN埼玉

スペインから、ホセレがやってきました! ホセレは現在、アトレティコマドリッドのスカウティングをやりながら、レアルCDカラバンチェルのユース監督そしてクラブGMを兼任し、過去にはスペインNO1フットサルクラブであるインテルモビスタのU-15監督で、過去に何度もスペイン優勝をし、最近ではマドリッドの年間優秀監督にも選ばれた非常に指導力の高いコーチです! 今回は短い期間ですが、中身の濃い充実したクリニックを行っていきたいと思います! さて、今週末はさっそく、埼玉でクリニックでした!   U-12とU-10を対象に、実際にアトレティコやレアルマドリッド、カラバンチェルで同じ年代の選手が行っているトレーニングを行いました。     スペインならではの、自分で今何をしなければならないのか考えながらプレーする。というトレーニングがメインでしたが、始めはなかなか難しかったようで、みんな上手くできていませんでした。   しかし、ホセレのアドバイスにより、だんだんとプレーの質も上がっていきました。やっていた選手たちも自覚できたと思います。     判断スピードをあげるトレーニング、ポジショニングのトレーニング、ポゼッション…、短い時間の中で様々なトレーニングを行いましたが、今回のポイントは「体の向き」と「ボールの受け方とサポートの位置関係」がひとつの大きなポイントになっていたかと思います。 ボールを持っている選手をどうやって助け、どうゴールにつなげるか。毎日のトレーニングで、常に意識しながらやってもらいたいです。試合をするのは自分たちです!     まだまだ選手たちもホセレも、もっともっとトレーニングをしたかったようでしたが。。。 次回またできるよう、そしてその時にはもっと成長した姿をホセレに見せれるよう頑張って行きましょう!                    

U-18ソサイチスーパーリーグ

1月12日、U-18ソサイチスーパーリーグが開幕しました!!     このリーグ戦の主旨は ? U-18世代のクラブユースチームに   より多くの実践の機会を与えること   ソサイチというサッカーより小さいピッチの中で   個人で局面を打開する能力の向上や   攻守においた相手との駆け引きを学ぶことです。       今大会は6チームのリーグ戦で行われ、   リーグ終了後、リーグ戦の優秀選手を選出して   U-18ソサイチ日本選抜としてタイ遠征を行う予定です。         選手達が普段プレーしているサッカーからソサイチに変わり   どんなプレーを見せてくれるか楽しみです!!!           今節は計4試合が行われました。         第1試合目は ? 常総アイデンティ(茨城県) VS DALE.SC(埼玉県) 5?1       互いに様子を見ながら始まったファーストゲーム。 均衡を破ったのは、常総アイデンティ17番、渡辺将伍の左足。 後方からのロングボールに抜け出して、振りぬいた左足がゴール右に刺さり先制。 その後もDFラインからのパス回しでDALEを翻弄し得点を重ね勝利をおさめた。 DALEは後半開始に一時同点に追いつくも、常総の攻撃を止められず惜しくも敗戦。       得点者 1?0:17渡辺将伍(常総アイデンティ) 1?1:11梶原聖太郎(DALA.SC) 2?1:5鷹尾聖也(常総アイデンティ) 3?1:17渡辺将伍(常総アイデンティ) 4?1:15嵯峨健太(常総アイデンティ) 5?1:鷹尾聖也(常総アイデンティ)   MOM:常総アイデンティ17渡辺将伍       第2試合は   大森FC(東京都) VS リオFC(東京都) 6?2       前線に個の能力の高い選手のいる大森FCが立ち上がりに2点を先行する。 一方スロースタートとなったリオFCも 中盤での縦からの攻撃で一気にスイッチを入れて 大森ゴールへ迫り 前半のうちに2点差を追いつき、試合を振り出しに戻す。 しかし後半メンバーを一気に入れ替えたリオは大森の攻撃を止め切ることが出来ず GKが奮闘するも結果的に6?2で個の能力で勝る大森の勝利となった。       得点者 1?0:11(大森FC) 2?0:9(大森FC) 2?1:22野澤英士(リオFC) 2?2:11小山雄也(リオFC) 3?2:11(大森FC) 4?2:14(大森FC) 5?2:16(大森FC) 6?2:16(大森FC)   MOM:大森FC16       第3試合は   常総アイデンティ(茨城県)VS 大森FC(東京都) 1?0     互いに初戦で勝利している同士の対決。 高い個の能力の大森とコートを広く使ったパスサッカーの常総。 互いにゴール前まで行くシーンを作るが、なかなかゴールを割ることができない。 そんな中、常総17番渡辺将伍の2試合連続となる スーパーゴールで常総が先制。 後半は大森も猛攻に出るが最後の最後で決めきれず敗戦。 常総は初めの1点を守りきり強豪相手に大金星で2連勝。     得点者 1?0:17渡辺将伍(常総アイデンティ)   MOM:常総アイデンティ17渡辺将伍     第4試合は ? リオFC(東京都)VS DALE FC(埼玉県) 8?2   互いに1戦目で敗戦している同士のゲーム。 中盤の縦のラインからのダイレクトパスでシュートまで持ち込むリオに対し DALEは守備を固めてカウンターアタックでチャンスを伺う。 試合は開始直後からリオの一方的なゲーム展開になり 中盤の縦の関係から次々にゴールを奪っていく。 DALEも途中1点返すも、リオの攻撃を前に攻めることが出来ず敗戦。 リオは攻撃陣が大爆発し初勝利を収めた。     得点者 1?0:7三井田弘(リオFC) 2?0:8田中信明(リオFC) 3?0:11小山雄也(リオFC) 4?0:6小島邦弘(リオFC) 4?1:19(DALE SC) 5?1:9塩濱亮太(リオFC) 6?1:16西村瑞紀(リオFC) 7?1:18成昌根(リオFC) 7?2:21(DALE SC) 8?2:13三浦良太(リオFC)         選手達は初めてプレーするソサイチに最初こそ戸惑いを見せ   サッカーをプレーするようにソサイチもプレしていましたが   慣れてくるとソサイチ特有のルール (オフサイドがない。交代自由。ボールが違う。)   を良く理解して試合を行っていました。         ちょうど全国高校選手権の真っ只中ということで   ユースと高校と立場は違い、大会の規模も異なりますが   こちらでも高校選手権に負けない、高校生たちの熱い戦いが繰り広げられていました!!       次節は19日(日)に行われます。     次節も寒さに負けない熱い戦いを期待しています!!!

オーストリアトライアル 2

◆オーストリアトライアル 2 ただいま7人のトライアル生はDSC(オーストリア4部)のチームに練習参加しオーストリアサッカーに慣れ、コンデイションを維持しながら、練習視察にきている3部以下のサッカー関係者にアピールをしています。 夕方の練習には1,2部に強い代理人(ヨシュコ)と外国人をグラーツ周辺に連れてきている代理人も視察にきて我々とミーティングを行います。 セレッソ大阪コーチに今年から就任であるヴラディッツァ・グルイッチに会いチームを紹介してもらうなど動いています。 今週10日の金曜日に3人、4部チーム(リーツェン)に練習参加予定であり、来週からは全員練習参加に行くと思われます。 モンテネグロ2部からオーストリア4部(グラットコール)に高塚捺生、奥田裕也選手が移籍します。 ?本日チームから連絡があり、モンテネグロでの登録解除を早急に進めてくれという事でした。 このチームにも後2人ほどFWの選手ともう一人トライアル送ってくれて監督からの要請がきています。 13日(火曜日)からスロべニア1部(ドブジャーレ)に伊藤健史選手が3,4日間のトライアル参加予定です。 ◆1月9日(木) DSCでの紅白戦が行われサッカー関係者が視察 ヨシュコ(FIFA代理人)ともミーティングを行い、3部の練習参加が出来ないか検討中伊藤健史の2部のチーム練習参加検討中 彼はオーストリアの1部、2部に強い代理人です。 ◆1月10日(金) リーツェン 4部の練習参加 監督はユーゴ系で有名な選手、監督 スタンコビッチ http://de.m.wikipedia.org/wiki/Dejan_Stanković_ 日本人選手に興味をもっている。 グラーツから距離が100kmほど遠方ですが、イエルコ氏との関係や5部の関係者も来るという事もあり練習参加 *トライアル選手として ・美濃村選手 ・石塚 選手・八家選手 ?リーツエンのオーナーとの話合いで後日、日本人選手の契約検討 ◆1月11日(土) スロベニアに日本人選手を全員連れてトレーニングに行きました。 サッカー関係者もきて良いアピールとなりました。 ユーゴ系のサッカー関係、代理人、も兼任しているマリオという方に出会い、彼はオーストリアに会社所有し、オーストリア4,5,6、7部,クロアチアに強いパイプを持っているという事でいろいろ情報交換ができました。 オーストリア(4,5,6,7部)での練習参加も検討中です。 スロべニアは1部からプロなので労働ビザを取るのは簡単ではないとの事 イエルコに夕食を招いてもらいサッカーを見るなど、選手とイエルコの関係も良いです。 ◆トライアル選手 参加チーム状況◆ ?上里琢文 :DSC(4部) ~ ?本庄将人 :DSC(4部) ~ ?美濃村慶太:DSC(4部) ~ リーツェン(4部) ~ ?日野健人 :DSC(4部) ~ ?石塚 勇 ?? :DSC(4部) ~ リーツェン(4部) ~ ?浅沼 悠 ?? :DSC(4部) ~ ?八家利郎 :DSC(4部) ~ リーツェン(4部) ~ ☆伊藤健史 :・オーストリア2部 ・ドブジャーレ(スロべニア1部)13日(火)から練習参加予定       

GKパーソナルトレーニング

先日、GKパーソナルトレーニングが行われました。   コーチはイングランドの名門アーセナルのアカデミーGKコーチの   リー・スメルツ氏   対象年齢は9歳?12歳でした。     今回はパーソナルトレーニングということで   大人数でのクリニックとは違い   少人数で細かくみっちりと指導を受けるというスタイルでした。     このようにコーチが子供たちと同じ目線で指導をするので   選手達も指導をより理解しようとしていました。   トレーニング内容は   GKの基礎の部分からバックパスの処理など   普段所属しているチームではなかなか専属GKコーチのいない関係で   細かな指導を受けれていない選手たちにとっては   非常に勉強になったようです。     たった2時間の練習でしたが   練習の最初と最後では見違える程上達していました。     改めて子供の上達の速さに驚いたと同時に   少人数のパーソナルトレーニングだからこそ   選手に対してより細かく具体的な指導が出来るのだと思いました。     練習後にはリーコーチよりスペシャルプレゼントもあり   選手達も大満足している様子でした。     GKという特殊なポジションは基本的にチームに1人?2人なので   このように同じGK同士が集まってのトレーニングはとても新鮮です。   更にはみんなそれぞれ違うチームの子たち   こういう機会でもなければ出会うことのないメンバーです。   ボール1つでこういった出会いがあるのがサッカーの良いところです。   このパーソナルトレーニングを通して   また1つ大きな財産を手に入れた子供たちのこれからに期待しています!!!    

オススメの記事

人気の記事

Do NOT follow this link or you will be banned from the site!