日曜日, 7月 5, 2020
ホーム タグ コスタブランカカップサッカー2017

タグ: コスタブランカカップサッカー2017

コスタブランカカップフットサル 2017 開幕

朝ごはん 今日は、大会初日。 試合と開会式がありました。 トリアネーロ町田vs LA NUCIA FS フットサルエッジ選抜vsESCOLLA(C) 同時刻開催でした。 トリアネーロ町田は りょうすけx4 ロミオx2 ゆうとx3 けんしんx1 はるかx1 そうたx1 こうx1 の得点で、14対0と圧勝! フットサルエッジ選抜は、開始30秒で失点するも ハレx2 ホクトx1 マナトx1 と4対1で両チームとも勝利しました。 その後… 練習をして海へ! 疲れました。笑 さらに開会式! 街を歩き回り 会場入りしました! 今大会、サッカー、フットサル、全カテゴリー含め4000人以上、22カ国から参加があるみたいです。 最後に花火も上がり大会の規模を感じました。 夜も更けましたので、終わってからはみんなすぐに睡眠に入りました。 明日も試合です。 頑張っていきましょう!

コスタブランカカップサッカー大会1日目

皆いい表情で朝食へ 朝のミーティングでは、戦い方、コンセプトの統一。 そして、会場へ。 他チームの試合を観て、ベストルームへ 「試合会場に着いたら、もう遊びリラックスモードは終わり。試合会場は戦場だ。闘う気持ちのない者はピッチには入れない。全てを試合に注ぎ、試合のことだけしか考えない。それがプロフェッショナルだ。アトレティコやレアルの12歳の選手もそれは同じ。皆覚悟を持って会場に入る。君たちも同じだ。 12歳だろうが20歳だろうが、ピッチ(戦場)に入るためには覚悟と勇気を持たないとピッチには入れない。」 フアンホからプロフェッショナルの流儀を学びました。 海外選手の強さはこういった部分にもあります。何歳だろうが、プロフェッショナルの佇まい、考え方を持ってプレーするから勝負へのこだわりは相当強いです。球際の強さもこの気持ちの強さが多いに影響しています。見習う部分がたくさんあります。   皆でエンジンを組んで、いよいよ。試合開始。   【予選第1試合目】 vs R.S.D.ALCALA   【前半】 https://youtu.be/cLBdM4JekIE 【後半】 https://youtu.be/asapDzcOkUg 立ち上がり、チャンスを掴んだのはこちら。 いい崩しからマナトがシュート。それがバーに当たり、跳ね返りをシオンが詰めるもシュートが相手に当たりポスト左にそれる。   そこからもシュートまで持っていけるシーンもコンスタントに増えたが、決めきれない。 そんな中、相手の数少ないチャンスをモノにされる。続けざまに2失点。 焦りと疲労が見えはじめてきたが、それでもシュートまで持っていけるほどチャンスもたくさんある。なんとか前半のうちに得点をと思っていたところで、エイトが直接フリーキックを見事に決めた。いい流れで後半へ。   後半も立ち上がりから攻め込むが、ゴールポストに何度も嫌われ、どフリーからのシュートも決めきれない。 そんな矢先にまた失点。   最後にマレイが決めたが、2-3のまま試合終了。 【結果】 2-3●   相手は4回くらいしかシュートを打っていない。こちらは20回くらいのチャンスをことごとく外した。 絶対に勝たなければならない試合で引き分けすらできずに敗戦。非常に悔しすぎる敗戦。   ただ、ポジティブに捉えることもできる。 予選は1日に1試合。明日朝、映像を交えた試合分析と反省、改善策を皆でディスカッションを行う。明日大きく改善できる可能性もある、まだまだ諦めない。 戦いはこれから。しっかりと改善できれば優勝のチャンスはまだある。 切り替えてやるしかない。   試合後、ホテルへ戻り昼食。 たくさん食べ、隣のスペインチームと遊んだり 楽しみました。   昼食後はトレーニングをする予定でしたが、体調不良の子がいたり、今日の試合もみんな身体が重そうだったので、リラックスタイム@散歩に切り替え。休息をとりました。 ブラジルチームと遊んだり、スーパー行ったり、洗濯いったり、部屋で遊んだり、ボール回ししたり、、   負けたのにこの笑顔、、、   まあ、クヨクヨせず、切り替えの早さだとポジティブに捉えて、、   そして、反省会。 でも短め。明日午前中にみっちり今日の試合を振り返ります。 さあ、今から開幕カーニバル!! とりあえずしっかり楽しもう!!   ※カーニバルの様子はまた後ほどアップします。

コスタブランカカップサッカー スペイン到着

スペイン到着! 長旅に次ぐ長旅、、、 それでも特に問題もなく。本当にお疲れ様でした、、 ドーハでは、結局、空港内の公園で3時間遊びっぱなしで、ついでに筋トレも。 鈍ってる身体にしっかり刺激をいれました! 勉強してる子も、、、素晴らしい。 マドリードでは、監督であるフアンホがお迎えに。     バス移動も終え、今日はこのまま就寝。   の、前にフアンホとミーティング。 フアンホ 「1番重要なことは、チームとなること。セレクションでバラバラのところから集まって難しいのはわかるけど、みんなでコミュニケーションをしっかりとり、一つにならないといけない。 そして、今回は素晴らしい経験ができる大会。その中で結果も求められる。寝る前に頭の中を整理し、今からどんな準備ができるのか、どんなイメージ作りができるのか。明日の試合だけを考えて、最高の準備をしないといけない。 明日朝、闘える準備のできた表情、目つきで会おう。」 みんな真剣な眼差しでフアンホの話しを聞きました。 今回は試合だけでなく、スペイン3大クラブであるアトレティコマドリードで長年U-12の監督をしていたフアンホが監督。講習会や試合分析をして選手達に伝えていきます。 これからに間違いなく繋がる貴重な経験です。   短冊にかいたように。   やるしかない。   有言実行だ。  

コスタブランカフットサル 2017 〜スペイン到着〜

3月に開催されたコパフットサルエッジ。 その優勝チームのトリアネーロ町田と、大会選抜チームの2チームは、コスタブランカカップに向けて旅立った。 出発前に必勝祈願 乗り換え ドーハでは、トランプ、うんてい(?)鬼ごっこなどをして身体をほぐしました。 無事にマドリッドに到着! そこから、バスで移動です。 1度休憩を挟み、 さらにバスで お疲れですね。 ホテルに無事到着しました! 明日は試合が待ってます。 いい部屋でゆっくり休み明日に備えよう。

コスタブランカカップサッカー日本選抜 出発!

国内でのセレクションと選抜トレーニングを重ね、いよいよスペインへ出発! 待ちに待ったコスタブランカカップ。 到着日は、そのままバスで長時間移動。翌日第1試合目は午前中からの試合。非常にハードなスケジュール。もちろん時差もある。 しかし、その中でも勝たないといけない。相手は待ってくれないし、力も緩めてくれない。 戦いはもう始まっている。キックオフの笛がなるまでに、どれだけ最善の準備をできるかがとても重要になってくる。 一人一人がイメージを高め、最高の準備をして大会へ望もう。 そして、楽しもう!   とりあえず順調に出発です。   大会公式サイト ※日本選抜は、B12→grupo3 【試合スケジュール掲載】 http://cbc17.deportelocal.com/es-es/calendariotorneo.aspx?idCategoria=15

オススメの記事

人気の記事