イタリアプロサッカーリーグは1部「セリエA」と2部「セリエB」、3部A・プリマ・ディヴィジオーネ(セリエC1)と3部Bセコンダ・ディヴィジオーネ(セリエC2)、4部セリエD、さらには5部セリエE・エッチェッレンツァ(Eccellenza)、6部セリエF・プロモジオーネ(Promozione)というカテゴリーで構成されています。

言わずと知れた世界中からスター選手が集まる世界最高峰のリーグで、現在もリーガ・エスパニョーラ(スペイン)、プレミアリーグ(イングランド)などと共に世界トップレベルの選手が揃うリーグです。

日本人が最初に目指すのはセリエD~Fのセミプロリーグとなります。活躍次第では上位リーグの道も開けるでしょう。
1部リーグはJリーグ以上のレベル、2部リーグはJ1リーグ、3部リーグAがJ2、3部リーグBが地方リーグ並みのレベルと考えられます。それ以下のアマチュアリーグの中でも、月に何十万ともらってプレーをしている人がいるのはお国柄でしょう。
18歳以下の選手はユース登録として、提携クラブそれぞれのユースカテゴリーで練習を行い、規定をクリアできれば契約してリーグに出場することが可能です。

サッカー留学 クラブチーム紹介

ビテルベーゼ / VITERBESE CALCIO
セリエD(4部)

セリエBなどでプレーをしていた事もある歴史のあるチームの一つである。
天然芝のスタジアムを持ち、色々なチームと提携しているため、沢山の若手の選手を集め毎年セリエDでしっかりした結果を残している。

スポルティング・スカーロ / sporting SCALO
Eccellenza(5部)

現ポーランドで活躍中の渋沢選手がプレーをしていた事もあり、日本人とのかかわりが強いチームの一つである。
地元のプロチームで活躍していた選手などを監督などに招き、チームの活性化を狙う。

設立 2009年

モンテフィアスコーネ / Montefiascone Calcio
Eccellenza(5部)

現カテゴリーにおいて、他のクラブを圧倒するほど環境が整っており、日本との交流を持った事もある。チームカラーは緑・黄色でジュニアからの年代を合わせると150人近くの選手を抱える地元では有名な若手育成のチームでもある。セリエAのエンポリと提携しており、選手や監督を講習やセレクションに送っている。

設立 1960年
ホームページ http://www.montefiasconecalcio.it/

オルヴィエターナ / Orvietana Calcio
Eccellenza(5部)

長い歴史を持つ中で、若手の育成に力を入れ地元から良い選手を育てている。2009年シーズンのGKはパレルモに送り込んだ経歴も持つ。チームカラーは赤・白でジュニアからの全ての年代を合わせると150人近くの選手を抱える大型クラブ。

設立 1910年
ホームページ http://www.orvietanacalcio.it/

カニネーゼ / Caninese Calcio
Eccellenza(5部)

近年、成長してきたチームで地域性を大事にしホームゲームには1000以上の観客数も見込める。

ピアノスカラーノ / PIANOSCARANO
Promozione(6部)

セリエBのアスコリと提携しており、常に若い良い選手の排出を狙っている。
環境ほどさほど良くはないが、上に上がっていくためのステップアップとしては環境の揃っているチームといっても過言ではない。

ルブリアーノ / Lubriano
Prima categoria(7部)

アマチュアリーグであるものの、セミプロ契約設備もリーグではトップレベルである。セリエBのアスコリと提携を持ち、監督が選手を送り込み、監督もアスコリのチームスタッフとして動いていた経歴を持つ。芝生のグランドを持ち、体育館も保有している。アマチュアレベルでは格別な設備を持つチーム。

フットサル留学 クラブ紹介

ビーテクノロジー・レッジャーナ / BiTecnology Reggiana
セリエA2(2部)

レッジョエミリアとアレーナC5の合併でさらに強化したチーム。今年はA1昇格も狙えるほどの経済力とキャパシティーを持つ。

ラツィオ・フットサル / lazio futsal
セリエA(1部)

元イタリア代表のエースのフォッリャが今年から入団し、そのほかにもバカロやイッポーリティなどイタリア代表を沢山抱えるチームの一つである。
イタリアの中でも有数のお金持ちチームでもあり、沢山のスターが集まってくる。

所属カテゴリ 1部プロリーグ
ホームページ http://www.sslaziocalcioa5.it/

サンジョバンネーゼ / Sangiovannese Calcio a 5
セリエB(3部)

地元の選手だけで構成しており、昨シーズンB昇格を決めて、若手育成をモットーに運動量のあるチームである。

ガーラ・ファイブ / Gala Five
セリエB(3部)

プロサッカーチーム、オルヴィエターナと合併した事で有望な若い選手をフットサルに転向させる事に成功。地元のベテラン選手もプレーさせる事で、地元活性化にも繋がっている。2009年シーズンに、新妻選手が所属していた。

ポッジボンジ / Poggiponsi
セリエB(3部)

バルドラール出身の中村選手が所属している事でも知られているポッジボンジは、日本人との友好関係を結んでおり以前にも似hん人選手がプレーしていた事がある。

フィウミチーノ / Fiumicino
セリエB(3部)

昨年までセリエA1でプレーをしていたフィウミチーノだが、経済難でセリエBまで降格する事になった。
ブラジル人選手がチームの大半を占めており、今年はセリエBで結果を残す事を期待されている。

フェレンティーノ / ATLETICO FERENTINO
セリエC1(4部)

ブラジル人助っ人を使いながら常にセリエC1では結果を残しているチームの一つ。
日本人選手と契約していた事もあり、日本人に対しての交友関係を持つチームでもある。

アルテナ / Artena
セリエC1(4部)

元ラツィオの監督がアルテナの現監督権ディレクターをしており、若手選手の育成に力を入れている。
現に17歳でトップチームでプレーをしている選手がいる。

カピトリーナ / Capitolina
セリエC1(4部)


昨年まで日本人選手がプレーをしていた。