「ドイツ」ブンデスリーガのチームを紹介!近年急速に力をつけた新鋭チーム”TSG 1899 Hoffenheim”

919

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や将来の目標に合わせて最適な留学、トライアウトプロジェクトをご提案しています。

今回紹介するチームは、「TSG 1899 ホッフェンハイム」です!

ドイツのバーデン=ヴュルテンベルク州のジンズハイムという都市のなかのホッフェンハイム地区を本拠地としているクラブで、街の人口はおよそ3250人と言われています。

創設が1899年と歴史あるクラブではあるが、1990年までは7〜9部を行き来するアマチュアクラブでした。

1990年の夏からドイツ最大手のソフトウェア会社の創設者であるディートマーホップがクラブを支援し始め、そこから急速に力をつけ、2000年には4部リーグまで昇格を果たします。

そして2007-08シーズンに1部昇格を決め、2008-09シーズンより1部リーグを戦っています。

ホームスタジアムはラインネッカーアレーナで、約3万人収容可能です。

ホッフェンハイムといえば、記憶に新しいのはやはり「ユリアン・ナーゲルスマン」(現RBライプツィヒ監督)の存在だと思います。

当時28歳という若さで監督に就任し、これはブンデスリーガ最年少記録です。就任したときは17位と降格圏内だったチームを立て直し、14試合を7勝2分5敗と残留を果たした。

戦術家として知られ、バイエルンミュンヘンなどの強豪チームを苦しめ、更にチームを飛躍させ一躍有名に!

更に過去には宇佐美貴史選手(現ガンバ大阪)が在籍していたことがあります。

今季はリーグ戦とヨーロッパリーグに出場(ラウンド32で敗退)。

リーグ戦は11位とここ数年に比べると少し低迷しているといった状況です。

注目選手は、フォワードのアンドレイ・クラマリッチ選手です。

19試合14ゴール2アシストとチームの攻撃を牽引しています。

今後ホッフェンハイムがどこまで飛躍していくのか、是非注目してみてください!

前の記事国際女性デー!
次の記事GKアカデミーGRASPIA入会申込ページ