セリエC1からのBへのステップアップ

81

日本には非常にテクニックがあって、フットサルを勉強している選手が多いと思う。

だからといって、イタリアですぐに活躍できるわけではない!

大きな問題は2つあると思う。1つ目はコミニュケーション力(言語力がなさすぎ、異文化知らない)上のカテゴリーに行けば行くほど、監督は指示が細かくなるし、相手のレベルが上がるので味方の助けが必要になる。また、チームメイトも生活がかかっているためナーバスであったり、自分が生き残るためにはなんでもする選手もいる。

そんな環境で日本人選手も生き残らなければならない!

2つ目は勝つということが全てというメンタルが日本人にはない!そのため、勝つための技術、戦術よりはセオリーや習ったことを忠実に守ろうという習性がある。

=合理的ではない

につながります。その結果、シュートが打てても打たないなどにつながり、結果が出ないことが多い。

海外は結果が全て、プロセスは二の次!

そんな中で昨年から厳しい南イタリアで育った選手がいます。

御嶽選手(現セリエB、フォリーニョ所属)

OPA→Pellegrino C5(C1)→Foligno C5(B)

厳しい南で培ったもので彼の本来の力を発揮してほしい!

フォルツァ ユー!