「ドイツ」日本人対決!正條選手、福原選手、関口選手所属FC Basara Mainz vs 池村選手所属Wormatia Worms ll

349

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や

将来の目標に合わせて最適なサッカー留学・トライアウトプログラムをご提案しています。

今回は日本人選手が所属する両チームFC Basara MainzとWormatia Wormsの試合について紹介していきたいと思います。

先週のブログでも紹介した通り、Wormsには池村選手が所属し10番を背負って活躍しています。

FC Basara Mainzには現在、正條選手、福原選手、関口選手が所属し活躍しています。

FC Basara Mainzはドイツ現地スタッフの山下が2014年に、当時ブンデスリーガのMainz05に所属していた元日本代表の岡崎慎司選手と創設したクラブです。

今回はこの両チームに所属する日本人選手の直接対決となりました。

前からプレッシャーをかけアグレッシブにボールを奪いに行くBasaraは、アーリークロスなどからチャンスを作ります。

前半6分、正條選手が高い位置でボールを奪い、そこからパスを受けた福原選手が先制点を奪います。

その後も、高い位置からプレスをかけ自由を奪い試合を進めていきます。

後半になりフォーメーションを変えたWormsは、前半とは違いボールを保持し試合を立て直します。

そして52分、ロングボールのセカンドを拾ったWormsは一瞬の隙をつき同点弾を決めます。

試合を振り出しに戻したWormsは、右サイドの池村選手のチャンスメイクなどもあり、Basaraゴールに迫ります。

Basaraもカウンターから追加点を狙うも、試合は1-1のまま終了。

日本人対決は引き分けに終わりました。

多くの日本人選手の活躍を見れるのはドイツでサッカー留学をしていて、1つの大きな醍醐味。今後もレベルの高い日本人対決に注目していきたいと思います。

【海外へのサッカー/フットサル留学やプロを本気で目指している選手はコチラ】

http://europlus.jp/soccer/