「ドイツ」移籍情報!正條選手、VfB Ginsheimへステップアップ!

162

こんにちは、ユーロプラスインターナショナルです!

私たちは、その選手の能力や

将来の目標に合わせて最適なサッカー留学・トライアウトプログラムをご提案しています。

今回は正條選手の夏の移籍について紹介していきます。

2018年の冬にドイツに渡り、今年の夏まで1シーズン半プレーしました。

渡独し最初のハーフシーズンはTSG Mainz Kastel。当時8部リーグに所属していて、リーグでは中堅クラブです。

日本とは違う評価基準のヨーロッパで始めてプレーした彼は、この半年でドイツのサッカーに順応し多くの事を学びました。

語学学校にも通っていた彼は、サッカーで必須であるコミュニケーションの面でも成長する事ができました。

半年後の夏の移籍で加入したチームはFC Basara Mainz。7部リーグに所属し昇格を狙うチームです。

ディフェンダーが不足していたBasaraでは、変えの効かない重要な選手としてスタートからプレーしていました。

しかし、11月に以前から抱えていた膝の怪我があり、手術するために日本に一時帰国する事になりました。

手術後、しっかりとリハビリを重ね後期シーズンには再びスタメンとしてプレーし勝利に貢献しました。

Basara Mainzはリーグを2位で終了し、入替戦の末、昇格を果たしました。ボランチとセンターバックで激しく戦いチャンスを潰す彼のプレースタイルはドイツでとても重要で、チームにいくつもの勝利を呼び込みました。

そして今回、夏の移籍で5部リーグに所属するVfB Ginsheimに加入する事が決まりました。

1シーズン半ドイツで培った経験があれば、5部リーグで更に活躍しステップアップする事が出来るはずです。

日本とは違う評価基準であったり、求められるプレーが異なるドイツだからこそ、選手が自分自身について考え直し成長する事が出来ます。

そして、そこからステップアップできるのがドイツでサッカー留学する上での醍醐味。

今後も彼の活躍に期待していきたいです。