イングランド ハローユースリーグ

1251

イングランドにコーチ留学する際は、約七割のコーチがイングランドサッカー協会のコーチライセンス、FA Level1 (約1ヶ月)を取得し帰国します。残りの約、二割九分のコーチがレベル2(約半年)を取得し帰国します。

レベル1+2をタイミングよく受講できれば半年のビザ(観光ビザ)で空港で入国許可をもらいステイできますが、英語の問題などで現在は11ヶ月のビザを取得し滞在するパターンが多いです。

入国後、約3ヶ月ほどで英語を上達させレベル1を受講。到着後すぐに受講する方に比べ内容理解度がかなり高くなります。

さらに英語が上達した約半年後からレベル2を取得すれば、英語がちんぷんかんぷん時に受講するよりも格段に学ぶ事が増えます。

単純にライセンスを取得するということであれば短期間で、滞在費などかかる費用も抑えれますが。

11ヶ月のビザで滞在するコーチには実力があれば、シーズンを通してサムライにて一つのチームの監督をしてもらう事もあります。

2017/18シーズンはまだ今週末まで続きますが、サムライが、所属するハローユースリーグにて、U12がデビジョン3で優勝確定!更にU14はデビジョン1にて優勝確定!来シーズンからはプレミアで戦うことになります!

http://www.firsteleven.co.uk/harrow/u12tables

http://www.firsteleven.co.uk/harrow/u14tables

監督としてプレミアリーグと同じようにリーグ戦、カップ戦を戦うことは本当に素晴らしい経験になります。

上手くなるためだけではなく、試合に勝つための指導。

誰から学ぶのではなく自分で考えてセッションを作り、次の試合に反映。

これは、単純にライセンスを取るという事ではなくかけがえのない経験が得られます。

U9以上から勝ち負けにこだわって指導する体験をロンドンにて是非チャレンジしに来てください!!!!!スピリットのある若者を待っています!!!!

前の記事モンテネグロカップ奇跡の決勝進出 竹本選手
次の記事タイ1部リーグでキャプテンとして戦うということ