U10ソサイチ日本選抜シンガポール大会最終日

332

泣いても笑っても今日がラスト!

悔いのないようとことんやり抜こう。

準々決勝

vs Asia Pacific Soccer Schools HK A(香港)

立ち上がりから相手の迫力に圧倒される。

じりじりと押し込まれる形でボールをかっさられ、失点。

こちらも負けじと前からハイプレスではめに行くが、上手くいなされ、ボールを取れない。続け様に連続失点。

このまま終わるのか。

選手12人全員が声を掛け合い、泥臭くボールに食らいつき、最後の最後まで誰一人諦めない。

フリーキックから弾丸ミドルをトアが、サイドからカットインでソウタが、、

何とか2点を返したが、力及ばず終了のホイッスルが鳴り響く。

相手が1枚上手だった。最後の最後までこちらの思うようなサッカーをさせてくれなかった。

2-5(トア1、ソウタ1)敗戦。

これにて大会が終了した。

もう少し試合をしたかったけど、そう甘くはなかった。受け止めるしかない。これが今の立ち位置。

短い大会期間ではあったけどたくさんのことを伝えました。

後は選手達が継続できるか。今回の遠征で何かを感じ、本気になれるか。普段の練習や試合でこれくらいの緊張感のあるギリギリの闘いをこなせるか。

世の中には上手いやつ、強いやつはたくさんいる。そんな選手達を打ち負かしていくということは並大抵ではできない。

強い覚悟を持って日々取り組んでもらいたい。まだまだ10歳。いくらでも成長できるしいくらでも追い越せる。

数年後、この子らがどう成長しているか楽しみだ。

残念ながら優勝トロフィーではなく、、参加賞のメダル、、

みんな試合後でうつむいてます、、w

さあ、今から何しよう。。

せっかくシンガポール来たので楽しみまくろう!

ということでマーライオンとマリーナベイサンズを見に!

一気に子供達もテンションあがり、

ホテルに帰って準備して、

自分たちで切符を買い、メトロに乗り、市街地へ!

が、、まさかのマーライオン、、工事中、、

ズコーーーッ。

代わりに、、ミニマーライオン

からのマリーナベイサンズ

このクオリティーの低さ、、、

お土産も買い、

プールも入り、

思い残すことはないかな。

サッカーするときはサッカーやる。遊ぶときは遊ぶ。そのかわり、何事もとことん本気で。

異国の地で良い経験になったと思います。

あとは飛行機で寝るだけ。

予定通りのフライトです。

お迎えよろしくお願い致します。

※空港で、同大会のプロアカデミーカテゴリーに参加していた、あのイングランドのプレミアリーグ・アーセナル(しかも優勝)と遭遇!

いい絵頂きました。

この中からアーセナルのトップに食い込み、いずれテレビで見ることになる選手は、このアーセナルU16からか、それともU10ソサイチ日本選抜の誰かか!?

将来のことは、誰にもわかりません。