グローバルエリート2019スペイン遠征6日目

475

今日も午前はトレーニング!

各チーム、試合に向け修正。より質の高いプレーを目指すべく短い時間で集中したトレーニングを積みました。

そして、午後からは大会!

の、前に前半大会のトロフィー授与チームから前半のMVP発表!&後半大会A.Bのチーム分け!

まずは3年準優勝チーム→ジュンペイ

3年優勝チーム→サクト

4年準優勝チーム→アオイ

4年優勝チーム→シリュウ

5年優勝チーム→エイチ

6年準優勝チーム→タクト

まだまだ続きます。

上を目指して下さい。

そして、後半戦へ。

の、前にさらにサプライズが!!!

佐々木コーチの鹿島アントラーズ時代の同僚で、現日本代表のしかも数日前まで日本で代表戦を闘っていた、誰もが知る、、

柴崎岳選手が試合を観に来てくれました!!!!!!

選手達は大興奮!!!

なかなか有り得ない状況にみんな最初は、

「え?誰?へ?柴崎岳??え?まじ?えーーーー!!!本物や!!マジやばいってーーー!!」

こんな感じでしたが、、、

みんなもいつかこんな選手になれるよう頑張ろう!

柴崎選手!お忙しい中来てくれてありがとうございました。呼んでくれた佐々木コーチもありがとうございます!

そして今度こそ大会ネタへ

2006A

vs skjold

9-0

ヒュウガ、タクト3、ダイト3、ユウシン2

やりたい気持ちが頂点に、遠征にきてからでも変化がある選手が多い。相手を圧倒し、終始相手コートで試合を進める事が出来た。まだまだ最終日までに質が上がりそうで楽しみだ。

2008Bvs Villa Madrid

あゆま、ゆうすけ、はる3、オウンゴール

6-1

立ち上がりから、攻勢に出る。ファーストゴール後、リラックスしてボールを保持できた。相手に合わせることなく、果敢に攻めることができた。ボール中心に攻撃守備ともに、形を明日もつくっていきたい。

2009B vs Villa Madrid

14-0

カンタ4 ハルキ2 ソラ2 マサト1 ソウタ3 レンタ2

2つ目の大会初日

最高のグラウンド環境で選手たちは気合十分、全員が果敢に攻める強い気持ちが全面に伝わった!

幅を効かせた戦いで見事勝利!

2009A vs Villa Madrid

15-1

岩土ソラ、コタロウ5、キヨト3、ジュンペイ2、ヒユ2、サクト2

開始早々、連携ミスから失点するも、トレーニングで取り組んできた繋ぐサッカーを体現でき、素晴らしい試合運びができた。まだまだポジションや、ディフェンスの連携に課題があり、明日からしっかり修正していきたい。

2008Avs Villa Madrid

6-7

カイリ3、タカヒト、ヒユ、アオイ

同年代とは思えない強烈なフィジカルを持つ相手チームに対し、カイリのコースを突いた素晴らしいシュートで先制するも、サイズとスピードで押し込まれ続け、得点と失点を繰り返す厳しい時間帯が続く。最後は相手の勢いを抑えきれず、悔しい敗戦となった。この相手に対し、自分たちのサッカーをやり続けられたことは、大きな収穫であり、明日からの巻き返しに期待したい。

2007B vs CDE Amistad

5-1

りょうた、なるみ2、しりゅう、オウンゴール

個人の攻撃のクオリティをあと1つ上げていきたい。全体的にボールが来てから考えることが多くプレッシャーが強い個人に対して、失うことが多かった。観ることをより強調して、明日も戦いたい。

2007A

vs EMF Alche

3-1

コウスケ、エイチ2

勝利したものの、立ち上がりから相手とシステムがはまらず、ボールは持つものの、効果的な攻撃が出来ず、守備もなかなかアタックできる局面を作れない。

システムのズレの説明をしたが、自分達で気付いて対応出来るようになりたい。

2006B vs Villa Madrid

10-8

タクト3、ダイト2、ヒュウガ、ユウスケ、ジョウタロウ、アイ、フウガ

打ち合いを制しての勝利。

試合前に、絶対に負けない。自分にも相手にも必ず勝つ。必ずAに上がる。その中で頭は冷静に、トレーニングでやってきたこと、これまでの試合で積み重ねたことを出していこうと挑んだ闘い。改善点は多々あるが、1番大切な土台の部分、気持ちのこもった熱い闘いを演じることができた。

柴崎選手が来てくれたおかげか、いつも以上のパフォーマンスを発揮する選手が多く、大差で勝つチームが多かったです。

しかし、明日からは、プロ下部などの強豪との連戦となります。

バチバチにいきましょう!